オーナー社長 最強烈伝

#21 三重の三大名家から学ぶ 地方同族の生き残り術

日本一の山林王の諸戸家、流通業界の雄にのし上がった岡田家、伊勢の定番土産を売る濵田家。三重の三大名家は三者三様だが、彼らの歩みから地方同族の生き残り術が見えてくる。

 明治期以降に三重県の山林を買いあさり、かつて日本一の山林王と称された諸戸家。地方にいながら首都圏の住宅地も手に入れ、不動産収入で巨万の富を築いた。

 諸戸家が栄華を極めた象徴といえるのが、二代目清六の邸宅として1913年に建てられ、今は国の重要文化財に指定された「六華苑」(写真)だ。約1万8000平方メートルの敷地に広がる日本庭園と洋館は、大正時代の建築物とは思えないほど現代的だ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オーナー社長 最強烈伝

週刊ダイヤモンド

「バブル相場」「AI格差」──。本誌が最近組んだ二つの特集の取材で、共に鍵を握る存在として挙がったのが、オーナー社長だった。バブル相場では日本市場を左右する外国人投資家が評価する存在、AI格差ではAI革命に積極的に対応する存在としてだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません