時間管理】「準備」も予定に組み込む

紛失、ダブルブッキング、確認漏れ……こうしたミスは「気をつけよう」と思うだけでは絶対になくなりません。ミスをなくすためには、「仕組み」を取り入れるべきなのです。好評発売中の書籍『ミスよけ大全』より、明日からすぐ使える「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を紹介! 今回は、仕事をスケジュール通り進めるためのコツをお教えします。

ミスよけ1 「タイマー」で仕事の所要時間を計る

仕事の生産性を高めるためには「時間を見積もる力」が必要になってきます。

メール返信、資料作成、経費精算……。あなたは仕事ごとにどれくらいの時間がかかるかをきちんと把握しているでしょうか。

残業癖がなかなか抜けない人は、仕事ごとの時間見積もりが甘い傾向があります。資料作成に平均1時間半程度かけているのに、1時間で終わると考えて予定を組んでしまうのです。

正しい時間感覚を身につけるために、タイマーを使って仕事ごとの所要時間を計りましょう。そして、思ったより時間がかかっていた仕事は短縮する方法がないか考えてみるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ミスよけ大全

中島孝志

「物をよくなくす・忘れる」「遅刻をしてしまう」「話したつもり・聞いたつもりが多い」……。そんな失敗はすべて“簡単に”解決できます! 『ミスよけ大全』の著者中島孝志さんが、明日からすぐ使える「ミスをなくすちょっとした仕組み」を紹介。読む...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kuma_kuma 正確な時間感覚? あ、土日祝日と深夜早朝と締切日の午前中入れれば何とかなるってことでしょ← https://t.co/uGxkPTsF3z 2年弱前 replyretweetfavorite