欧米では「老い=悪」ではない

少子高齢化社会の日本では老人の暴走が問題になっていますが、海外経験豊富な元国連専門機関職員の@May_Roma(めいろま)さんは、10月25日発売の『脱! 暴走老人 英国に学ぶ「成熟社会」のシニアライフ』では日本の老人が暴走する理由を分析しています。

この国では年齢を重ねること、病気になること、認知症になることを「怖いもの=悪」だというイメージを強調するメディアが多過ぎるように思います。

私が日本にいてときどき感じるのは、マスコミが高齢者に対してネガティブな姿勢で、時には暗くて悲惨なイメージを植え付けるのが大好きだということです。

北米やヨーロッパではネガティブな面を強調する代わりに、認知症になったけどエベレストに登りました、マラソンを楽しんでいます、こんな芸術作品を作ってみました、バンドをやっていますなど、主にポジティブな側面を紹介します。

認知症や病気はその人の一部であり、それまでの人生と連続することなので、恐ろしいだけのことではない、認知症や病気であってもそれはその人の「個性」、つまり「あり方」に過ぎず、それでその人がすべて終わるわけではないという考え方です。

さらに、これこれの問題が生じたらこういうふうに解決しましょう、という前向きな提案も多く見られます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

replicorn "認知症や病気であってもそれはその人の「個性」、つまり「あり方」に過ぎず、それでその人がすべて終わるわけではないという考え方です。" 11ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma 【新着】少子高齢化社会の日本では老人の暴走が問題になっていますが、海外経験豊富な元国連専門機関職員の@May_Roma(めいろま)さんは、日本の老人が暴走する理由を分析します。 @May_Roma https://t.co/Lixu51QBem 11ヶ月前 replyretweetfavorite

Yukiyo 認知症の明るいとらえ方はあってもいいよね。程度の差はあるけど、アクティブになれると進行も多少は遅らせられるのかな。 : 11ヶ月前 replyretweetfavorite

May_Roma 【新着】少子高齢化社会の日本では老人の暴走が問題になっていますが、海外経験豊富な元国連専門機関職員の@May_Roma(めいろま)さんは、日本の老人が暴走する理由を分析。 @May_Roma https://t.co/qDDMSB8llx 11ヶ月前 replyretweetfavorite