本文よりもおもしろい!? 文庫本の「解説」ベスト5を選んでみた

日本特有の奇天烈不思議な文庫本の文化って、なんだと思いますか?それは「解説」。本編が長すぎて飽きてしまったり、どう解釈していいかわからないときにも、解説は大活躍。ときには解説の方が本文よりもおもしろかったりして。文庫本に解説がなければ、イチゴのないショートケーキを食べるも同然ですよ!
『人生を狂わす名著50』著者による、濃厚な書評エッセイ。

①『辻村深月編 江戸川乱歩傑作選 蟲』(文春文庫)
②向田邦子『夜中の薔薇 新装版』(講談社文庫)
③カズオ・イシグロ『わたしたちが孤児だったころ』(ハヤカワepi文庫)
④谷崎潤一郎『細雪』(角川文庫)
⑤森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』(角川文庫)


 ……突然ですが、問題です。
 ①~⑤に当てはまる共通項は、何でしょう。

 はい、わかる方いらっしゃいますかね。難しいかなー。




 ちっちっちっち。



 時間切れです。さて、答えは。
「解説が傑作であること」です!!!


本文よりもおもしろい!? 文庫本の「解説」ベスト5を選んでみた

 文庫本の解説。それはめくるめく書評の世界。日本特有の奇天烈不思議な解説文化。
 日本初の「文庫本解説」は、戦後の新潮文庫、川端康成の『雪国』だったと言われていますが。わたしは文庫本を買うと、ついつい解説部分を楽しみにしてしまうことがあります。
 もっと言うと、本編が長すぎて飽きてしまったり、どう解釈していいかわからないときにも、解説は大活躍。ときには解説の方が本文よりもおもしろかったりして。
 文庫本に解説がなければ、イチゴのないショートケーキを食べるも同然ですよ!

 しかし、考えてみれば「解説」とは不思議な文化。
 だって、著書の言葉じゃない言葉が、本の最後を締めくくるんですよ。解説次第で、本の印象も、少し変わってしまうかもしれない。解説が良ければ、不思議と本の印象そのものも良くなる気がします。
 もちろん本文がおもしろからこそ解説も冴えわたるってものですが。己の身を呈して本文の良さを倍増させている素敵な文庫本解説たち、もっとスポットライトを浴びてくれー!! との思いから、今日はわたしの好きな「文庫本解説」たちをご紹介します!


まずは、

①『辻村深月編 江戸川乱歩傑作選 蟲』(文春文庫)

江戸川乱歩の短編小説たちを、若い層を中心に大人気の小説家・辻村深月さんが選んで収録した文庫本。このシリーズ、実は湊かなえさんが選んだバージョンと桜庭一樹さんが選んだバージョンもあります! なんて豪華な編者たち。いかに乱歩のエンタメ小説界への影響が強いか分かりますね。だけど、私は辻村さんバージョンが一番好き。「蟲」や「芋虫」といった乱歩の変態的名作が選ばれているのもあるけれど、なんといっても辻村さんの編者解説「あまりに優しき、青春の書」が名文すぎるから!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shi0r1nar1 え、待って、マジか、「夜は短し恋せよ乙女」買わなきゃ() 2ヶ月前 replyretweetfavorite

kuma_kuma これは読みたくなる良いレビュー! そして電子書籍では解説が多くの場合欠落しているという罠。 https://t.co/vGEBpw4aWj 2ヶ月前 replyretweetfavorite

feilong “22742” https://t.co/SGuTbYAe2K 2ヶ月前 replyretweetfavorite