オーナー社長 最強烈伝

#17 華麗なる一族も一寸先は闇 同族がはまる五つの落とし穴⑤<裸の王様化>

オーナー企業を待ち受ける落とし穴は数知れない。しかも落ちたら最後、這い上がるのは難しい。華麗なる一族の凋落の裏には、人間のエゴや欲望が渦巻いている。

【タカタ】
進言なきイエスマン組織 破滅の道を誰も止められず

 負債総額が1兆円超に上ったエアバッグ製造、タカタの破綻は、トップが道を誤った際にブレーキをかけることが難しい同族経営の弱みがもろに出たケースといえる。

 タカタの悲劇の本質は、企業の成長が早過ぎて、オーナー社長に直言できる人材の育成が追い付かなかったことにある。

 同社は当初、シートベルトを製造していたが、二代目の高田重一郎社長がエアバッグに手を広げた。取引先もホンダを筆頭にトヨタ自動車、独BMWなどに拡大。2000年代は世界的な優良サプライヤーとしてわが世の春を謳歌した。

 だが内実は、製品の複雑化と急速な成長に、キャパシティーが追い付かなくなっていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オーナー社長 最強烈伝

週刊ダイヤモンド

「バブル相場」「AI格差」──。本誌が最近組んだ二つの特集の取材で、共に鍵を握る存在として挙がったのが、オーナー社長だった。バブル相場では日本市場を左右する外国人投資家が評価する存在、AI格差ではAI革命に積極的に対応する存在としてだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません