平成30年間のJ-POP

00年代「大人しくしていよう」という社会の雰囲気に、音楽業界も飲み込まれた

J-POPの数々の名曲で日本の音楽シーンを支えてきたキーボーディスト・斎藤有太さんと、ユニコーンのメンバーとして、音楽プロデューサーとして、ソロアーティストとして日本の音楽を開拓してきたABEDONさん。大反響の対談、第三回は、00年代のお二人の活動と、楽曲制作の時代変化に迫ります。(聞き手、構成:柴那典

写真一枚で氣志團に決めた

— ABEDONさんは90年代後半からプロデューサーとして本格的に活動を始めるようになります。そこにはどんな思いがあったんでしょうか?

ABEDON 僕は10年ごとに区切って目標を決めてきたんですけど、30代はバンドを一つ成功させようと考えたんです。というのも、いろいろあって、ユニコーンに感謝ができるようになったんですね。フェラーリも買えたし、女の子にもモテたし、美味しいものも食べられた。いい思いをしたわけですよ。だから、20代の時にこんなに面白かったということを、今度は誰かに体験させなきゃいけない。そこにユニコーンイズムというか、自分の考えを入れて、反応させて成功させるということをしようと思った。

— なかでも氣志團のデビューに携わったのは大きかったと思います。

ABEDON それはね、なんか面白いものないかなってアンテナを張っていたら、うちのベランダにアー写が送られてきたんです。「これだ!」って、音を聴きもせずに決めた(笑)。

— どういうところに可能性を感じたんですか?

ABEDON とにかくアー写で決めたんですよ。そこから出てくるバイブスっていうの?(笑)。

斎藤有太(以下、斎藤) ははははは! そういうところは直感的なんだね。

ABEDON 僕には有太くんと共通しているところがあって。僕たち、暴走族年代なんですよ。しかも僕は「なめ猫」に関わってるんです。

— なるほど! いわば氣志團の元ネタをやっていた。

ABEDON だからまあ、言ってみれば後輩なんです。

生き残るためにはグレるしかなかった

— 斎藤さんも暴走族年代ということですが、10代の頃はどんな感じだったんですか?

斎藤 僕は東京の多摩地区で育ったんですけど、所謂ベッドタウンでとにかく子供の数が多いんです。新興住宅地なんかも多くて昔ながらの地域社会とはちょっと違う。そうすると人間関係がだんだん殺伐としてくるんですよ。

— 人間関係が殺伐としてきた、というのは?

斎藤 はっきり覚えているのは、中2の時に理由はわかんないけど、部活の仲間と上手く行かなくなったんです。その時はその世界が自分の全てだったからすっかり自分も人も分からなくなっちゃった。その内学校も行かなくなって、夜に一人でゲームセンター行ったり、そこにいる仲間や先輩たちと遊ぶ時間が増えて。そうしたらもう完全にドロップアウト。世間で言うところのグレてる状態。でも、音楽はずっと好きでしたね。子供の頃最初に始めたのがエレクトーンで次がピアノで、ロックを好きになって、バンドをやりたいと思ったのも小学校の時だったから。

— その後はどんな感じだったんですか?

斎藤 高校にも一応受験して入ったんですよ。そこに暴走族の先輩がいて、「狂命会」っていうバンドをやっている、キーボードを探してるって。そこに入れてもらったんです。でもその後は学校も辞めて、人間としてどんどんダメになっていって、人を騙したり嘘をついたり平気でしてた。悲しい時代です。ただ、そのバンドの人達との時間はすごく楽しかった。そこが唯一の自分の居場所だったから。その頃からこのバンドでプロになりたいな、音楽しかもうないなって思ってた。そんな感じでしたね。

ABEDON まあ、若いときはぶつかるもんなんですよ。上手に生きられないというか、世の中に適応できないというか。普通の職業じゃダメだったんです。「俺たち、音楽がなかったら、何になってたんだろう?」ってみんなよく話すんですけれど。


斎藤有太 ニューアルバム「The Band Goes On」(ダラシナレコード/Sony Music Artists)

イロモノ扱いされず長く続くバンドになるにはどうすべきか
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
平成30年間のJ-POP

ABEDON /斎藤有太

年号が平成になったのとほぼ同時期に、「ニューミュージック」から呼び名が変わることで「J-POP」は誕生しました。90年代に入ると、バブル崩壊も関係ないかのようにミリオンセラー作品が多数生まれました。テクノロジーの進化で制作環境も視聴環...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

riemink 第三回も濃度高くてありがたいとしか…。團プロデュースの話はもちろん、CCCDのことはなるほどと。 https://t.co/kCpqGIXNXf 2ヶ月前 replyretweetfavorite

koemi425 あべどーん、ちゃんと考えてくれてありがとうございました。 「昔の自分を見てるみたいで、ほっとけない」って昔、何かで言ってたもんね。何だったか忘れたけど。 https://t.co/swVIRVjKCD 2ヶ月前 replyretweetfavorite

miejiro178 あとで読むφ(..) https://t.co/ZoXzu9XjtL 2ヶ月前 replyretweetfavorite

moka2maron5 ほんとにおもしろい‼️ この2人の対談は🎉 ドンさんは根っからの プロデューサーだなぁ👍😊 https://t.co/C1njjZX96h 2ヶ月前 replyretweetfavorite