オーナー社長 最強烈伝

#16 華麗なる一族も一寸先は闇 同族がはまる五つの落とし穴④<コンプラ崩壊>

オーナー企業を待ち受ける落とし穴は数知れない。しかも落ちたら最後、這い上がるのは難しい。華麗なる一族の凋落の裏には、人間のエゴや欲望が渦巻いている。

【赤福】
強権オーナーに組織的“服従” 感覚まひの組織ぐるみ不正

 伊勢詣でのお土産の大定番だった赤福餅の偽装が、門前町を揺るがした事件を覚えている人も多いのではないか。

 三重県のオーナー企業で老舗菓子メーカーの赤福は不正が発覚する07年までの30年以上にわたり、食品の製造日を偽装していた。

 不正の始まりは冷凍装置を購入した73年ごろ。売れ残った赤福餅を冷凍し、解凍後に製造日を付け替えて「新品」として売っていた。初めはわずかだったが次第に量が増え、常態化した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オーナー社長 最強烈伝

週刊ダイヤモンド

「バブル相場」「AI格差」──。本誌が最近組んだ二つの特集の取材で、共に鍵を握る存在として挙がったのが、オーナー社長だった。バブル相場では日本市場を左右する外国人投資家が評価する存在、AI格差ではAI革命に積極的に対応する存在としてだ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません