桃山商事の恋バカ日誌

友達以上恋人未満のザワつく関係「フラート」が生まれる瞬間

「失恋ホスト」として数々の恋愛相談を受けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」の3人が、新感覚の恋バナ談義を繰り広げるこの連載。前回にひき続き、男女の恋愛的コミュニケーションのひとつ「フラート」についてです。フラートができる人とできない人の違いはなんでしょうか? 3人の体験談を元に語り合っていきます。

フラートできる人とできない人の違い

【登場人物】

清田隆之
桃山商事・代表
1980年生まれの文筆業

森田雄飛
桃山商事・専務
同じく1980年生まれの会社員

ワッコ
桃山商事・係長
1987年生まれの会社員

清田 前編に続いて「フラート」をテーマにお届けします。おさらいすると、フラート(flirt)とは日本語で「恋の戯れ」と訳されることが多い概念で、例えば友達以上恋人未満のザワつく関係や、バーや合コンで誘惑の視線を送り合ったり、なんならちょっとした接触をしたり、そういう“微量のエロス”をふくむやりとりのことを指す言葉です。恋愛の豊かさを探る上で重要な概念だと考えているものの、自分はまだ実感として理解できていないところがあります。

森田 前回、清田とワッコは繰り返し「フラートがわからない/できない」と言ってたよね。

ワッコ 誘惑の視線を送り合うとか、3回死んでもできない気がしてます。

森田 それは死に過ぎじゃない?(笑)

清田 我々のようなフラート弱者がいる一方で、フラートが得意な人もいるよね。身近なところでいうと、桃山商事の元メンバーである佐藤さんなんかはフラート的なやりとりを好む印象がある。

森田 何かっていうと女性に花を渡すよね。

清田 お父さんから引き継いだ習慣だと言ってたね。その前提として「女性はみんな花が好き」という考えがある。だから自信をもって、さらっと渡せるという。

森田 「これで喜ばない女子はいないだろう」っていう確信があるんだろうなあ。

清田 そうだと思う。そしておそらく、花を渡すという行為は「私はあなたを女扱いしてますよ」というメッセージを可視化したものなんだよね。

森田 いわゆる“姫扱い”みたいな。

ワッコ 元メンバーの行動を冷静に分析している(笑)。

清田 「今、あなたのことを女(あるいは男)として見てますよ」っていう信号の交換が、フラートにおける大事な要素なのかもしれない。

森田 それはポイントかもね。「俺は男、お前は女」っていうのを最初に宣言して、関係性を規定するという……だから佐藤さんには女友達がほとんどいないんだろうなあ。

ワッコ 分析からのディス(笑)。確かに「オスだよね、メスだよね」ということを相手と共有しあってないとフラートはできないのかなと思いました。わたしがもし花束もらったら、「これどうすればいいの?」って完全に混乱しちゃいそう。

森田 ワッコは“メス扱い”されることに慣れてないってことだよね。

ワッコ それは身長177センチもある巨女の性(さが)で、自分の中の“メスみ”を消して生きてますからね。

森田 ワッコがフラートできないのは、そのあたりに原因がありそうだなあ。

清田 俺がフラートできないのも同じ原因かも。身長はワッコとは逆で164センチと低め、身体のパーツはどれも丸っこくて男性っぽさが薄く、「社民党の女性議員みたい」と言われることの多い髪型、好んで着るのはフェミニンなブランドの服……と、全体として“オスみ”を消す方向に突っ走っている感があるので。

森田 それでフラートの信号を出しても、相手は気付かないだろうね。

清田 あと、俺が明からさまにフラートを出したら、相手はびっくりするんじゃないかという懸念も……。

ワッコ ちんこついてないと思ってたのに!ってなるのかな。

清田 完全にそうなるでしょ。

森田 難儀な人生だね……。でも、2人とも恋人はできるよね。

ワッコ それでいうと、わたし、これまでの人生で合コンでしか彼氏ができたことないんですよ。合コンってオスとメスが出会う場として開かれるじゃないですか。だから向こうもわたしをメスとして扱うし、わたしも男性のことをオスとして見ることができるんだと思います。

森田 合コンだと普段出してない“メスみ”を安心して出せるっていうのもあるのかな。

ワッコ それもあるかもしれないです。

森田 ワッコは合コンでフラート的なことを経験してるんじゃないの?

ワッコ うーん、思い当たる節がない。

森田 だめかあ。

同窓会でのフラート体験

清田 専務はどうなの? 前編で自分のことを「平均的なフラート経験者」って言ってたけど。

森田 話していて思い出したのは、20年ぶりくらいに開催された同窓会のときのフラートエピソードです。

ワッコ 同窓会フラート! すでにちょっとエロいですね。

森田 とにかく久しぶりだったから結構盛り上がって、「当時好きだった人」を言い合う流れになったんだよ。たぶん同窓会の定番のひとつなんじゃないかと思うんだけど。

清田 なんだよそれ……ずいぶん楽しそうだな!

森田 実際に俺の好きだった女性がその場にいたからどうしようかなと思ったんだけど、酔いも手伝って正直に言ったんだよね。みんな言ってるし。

ワッコ なんだそれ。エモいな!

森田 彼女はそれを聞いて少し照れて嬉しそうにしていて、こちらをちらっと見て目が合った。「おっ」と思いましたね。ちなみに彼女は既婚者でした。

清田 エロゲかよ……。

森田 それから少しして、彼女が終電やばいから帰るって言い出したんだよね。なんとなく俺が送る流れになり、一緒に店を出て歩き出して、どちらからともなく手をつないだ。

ワッコ そ、それは、なんかつなぐ前にあったんすか? サイン的なやつは。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
桃山商事の恋バカ日誌

森田雄飛(桃山商事) /清田隆之(桃山商事) /ワッコ(桃山商事)

2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1000人以上の男女から恋のお悩みやエピソードを聞き続けてきた恋バナ収集ユニット「桃山商事」がお届けする、新感覚の恋バナ談義。普段ほとんど語れることのない恋愛の様々なテーマを毎回ひとつ取り上げ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marotan1026JC 自分も「フラート」良いなぁ。 |清田隆之(桃山商事) @momoyama_radio /森田雄飛(桃山商事)/ワッコ(桃山商事)|桃山商事の恋バカ日誌  https://t.co/IqXqASH6Uu 2ヶ月前 replyretweetfavorite

dogusareGD いけません!(ニヤけ顔 同窓会のくだり、いいねぇ、いけません! 2ヶ月前 replyretweetfavorite

karuyaki1219 何かっていうと女性に花を渡す https://t.co/2LDmKLBhiE 2ヶ月前 replyretweetfavorite

a5k5o5h5 読んだ!「フラート」という単語は初見だったんだけど、正直にコレ、私の好きなやつ…恋愛が趣味、という自覚の中心にあるやつ…わかる、知ってる、って思った。名前があったんだ。 https://t.co/cZDFL8RJuh 2ヶ月前 replyretweetfavorite