第12回 キシリトールガムがヒットした理由 — バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略 — (中編) 

『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』発売!!これを記念して、第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。

「やっぱり思い込みがあってわからないみたいですね。宮前さんは、顧客が〝価格〟と〝品揃え〟だけを重視すると思い込んでいませんか? 街の電器屋さんは、それ以外のメリットを重視する顧客を取り込んだわけです。街の電器屋さんが提供できて、家電量販店が提供できないものを考えると、答えが見えてきます」
「街の電器屋さんが提供できて、家電量販店が提供できないもの—」

 久美は実家が引っ越しをしたときのことを思い出した。新居で照明器具が壊れて明かりがつかないことがあった。久美の家族はこういうことにはまったく弱い。家電量販店に電話しても、「サポート対象外」との冷たい返事だった。そこで、ダメモトで家から5分ほどのところにある近所の電器屋に電話をしたら、「お持ちいただければ、
すぐに修理します」との返事があり、照明器具を持っていったところ、本当に5分でハンダ付けして直してくれた。

「地元密着型の手厚いサービスですか?」
 久美はしばらく考えた末に答えた。
「そうです。それが家電量販店との差別化のポイントです。では、街の電器屋さんがターゲットとすべきお客さんは、誰でしょうか?」

 ここでまた久美は考え込む。(家電量販店よりも値段が多少高くても気にしないということは、お金にはそんなに困っていないはずね。逆にたくさん商品がありすぎると、選べなくて困ってしまうのかな。それよりも、困ったときに助けに来てくれることのほうが重要だということは……)ここまで考えたときに久美の脳裏に浮かんだのは両親の顔だった。(これだ!)と久美は悟った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
100円のコーラを1000円で売る方法

永井孝尚

6月8日に40万部突破のビジネスストーリー本『100円のコーラ』シリーズの完結編『100円のコーラを1000円で売る方法3』が刊行されます。 そこで第1弾『100円のコーラを1000円で売る方法』を完全公開。勝気な主人公・宮前久美と...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takahisanagai 「この視点で、顧客に提供する商品やサービスを考えてみると、いろいろなものがすっきりと整理できます」CAKES連載12回目「キシリトールガムがヒットした理由 ―― バリュープロポジションとブルーオーシャン戦略 —— (中編)」  http://t.co/vn3zR6aUTz 5年以上前 replyretweetfavorite

tanayuki 「ほとんどの企業は、時間とコストをかけて、他社と同じことを一生懸命自社でもやろうとしています」 5年以上前 replyretweetfavorite