俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

居酒屋か? 練馬に現れた赤ちょうちんガールズバー

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!

 赤ちょうちん—懐寂しいおっさんにとってこれほど頼もしいサインはない。恵比寿、西麻布、六本木……いかなるシャレオツ繁華街に出向こうとも、まずは目指すのは赤い灯。煤けたカウンターに滑り込み、ビールや酎ハイで安いつまみを流し込み、きらびやかなピンクサインに思いを馳せる。

 赤ちょうちん一つない代官山で詮なき仕事を終え、東急東横線で帰途に就いたとき、これが副都心線直通で埼玉のほうまで繫がっていることに気づいた。途中の池袋じゃあベタすぎる……思案を巡らせていると、夜遊びガイドのO氏からLINEが。「今練馬で飲んでいるんですが、来ませんか?」。

 やっとのことでサムアップのスタンプを探し出して送信したとき、練馬に滑り込んだ。この間わずか25分、交通網の発達に驚愕する。

 サラリーマン諸氏に押されるようにして、改札を出ると、目前には飲み屋街。赤ちょうちんや怪しげなネオンに引き寄せられるように諸先輩方が闇に消えていく。O氏に指定されたのは駅から徒歩1分という“赤ちょうちん”。煤けたビルと高架に囲まれたエアポケットのような場所にぽうっと灯る赤い光があった。

藍染めの暖簾に格子戸 おでん屋と思いきや

 藍染めの暖簾がかかった格子戸を恐る恐る引こうとすると、なんと自動ドア。急に開けた視界。おでん屋台を彷彿させる店内で「いらっしゃいませぇ~」と元気に挨拶する女のコたち。見回せばそのコたちに、カウンターから腰を浮かさんばかりに口角泡を飛ばすO氏がいた。

左からゆきなちゃん(26歳)、のだめちゃん(18歳)、あかねちゃん(25歳)。ピーク時には12人ほどの女のコが相手をしてくれる

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード