盗み聞き!? 思いがけず聞いてしまった恋心

昨年までの10年間、山小屋で働いていた山ガールならぬ小屋ガールの吉玉サキさん。山小屋スタッフの人間模様や働き方、悩み、恋などをつづった1話完結のエッセイです。今回は、山小屋での恋バナ。山小屋スタッフの純朴な恋の話をお届けします。

「人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった」

これは、漫画『ハチミツとクローバー』に出てくるフレーズだ。

私は、人が恋に落ちる瞬間を見たことはない。

だけど、「恋に落ちる予感」なら見たことがある。


「もしも彼女が有村架純に似てたら恋に落ちますね」

昨年、サイコパスっぽいと評される男子スタッフがいた。仮にサイコとしよう。

彼は22歳。普段はニコニコしていて好青年っぽいのだけど、好きなものについて饒舌に語るときは目を見開く癖がある。しかも、まばたきをしない。その感じがサイコパスっぽくて怖すぎるともっぱらの評判だった(そのサイコパス像はやや古い感じもするが)。

あれは、夏のはじめのこと。

私が厨房で仕事をしていると、外作業が一段落着いた男子チームがスタッフ用スペースで雑談を始めた。

この山小屋に常駐しているのは私と夫だけで、他のスタッフは経営母体となる近隣の山小屋から日替わりで通ってくる。この日は、女子スタッフがひとりと男子スタッフが3人来ていて、そのうちのひとりがサイコだった。

厨房とスタッフ用スペースはひと続きになっていて、会話ができる。厨房にいる私も、仕事をしながら彼らの雑談に混ざった。

「今日、新人さん来るね」

「あぁ、細川さんですね」

「えっ、サイコ知り合いなの?」

「いや、知らないです。支配人が言ってました」

立地上、新人スタッフは必ず私たちの山小屋を通過する。その際、新人さんをお茶とお菓子で歓迎するのが恒例になっていた。

サイコが言う。

「もし細川さんが有村架純に似てたら、俺、恋に落ちますね」

「みんなそうだよ」

なんていうか、男子中学生の昼休みみたいに素朴な会話だ。スタッフ同士の会話は、だいたいこのくらい中身がない。


その数時間後、細川さんが到着した。

「はじめまして、本日から○○小屋で働かせていただく細川です。よろしくお願いします」

緊張している様子だけど、挨拶はとてもしっかりしている。ちょうどお茶の時間だったので、細川さんも一緒にみんなでお茶をした。

彼女はディズニー映画『美女と野獣』のヒロインに似たキリっとした美人で、有村架純にはまったく似ていなかった。


今思うと、私はとても鈍感だった

その数週間後のこと。

その日は細川ちゃんが手伝いに来ていた。

彼女はキリっとした見た目に反して、穏やかで可愛らしい。口数は少ないけど、一緒にいて居心地のいい子だ。何度か一緒に仕事をしているうちにすっかり打ち解けて、「細川ちゃん」と呼ぶようになっていた。

その日、私は山小屋の近くでサングラスを拾った。そういえば、サイコが数日前に来たときに「サングラス失くした」と言っていたから、彼のものかもしれない。

写真を撮ってLINEでサイコに確認しようと思ったけど、忙しかったので、その作業を細川ちゃんにお願いした。数時間後、細川ちゃんが「やっぱりサイコ君のだそうです」と言うので、サングラスを持ち帰ってもらった。

その翌日は、サイコが手伝いに来てくれた。「昨日、サングラスありがとうございました」と言う。

「昨日、いきなり細川さんからLINE来たからめちゃくちゃビックリしました! グループじゃないLINE来たのはじめてだったから」

そう言うサイコは、なんだか妙に浮かれていた。

今思うとこのときの私はとても鈍感で、サイコが浮かれている理由にまでは考えが及ばなかった。

それからしばらくして、細川ちゃんは契約期間が終了して下山した。


盗み聞き!? 思いがけず聞いてしまった恋心に爆死

休暇中のある日、同じく休暇中のメンバーと寮で過ごした。麓の町に寮があるのだ。

私と夫、サイコ、男子スタッフが2人と女子スタッフが1人。そして、すでに下山していた細川ちゃんも遊びに来た。

居間でわいわいと飲み、眠くなった人から寝室で寝る。

ひとり、またひとりと、脱落するように眠りにつく。私も早々に布団にもぐりこんだけど、眠ってはいなかった。寝つくまでに時間がかかるのだ。

居間と寝室はふすまで仕切られているだけなので、話し声が聞こえる。声で、誰が起きているのかがわかる。

細川ちゃんが「シャワー借りますね」とお風呂場に消え、居間にいるのはサイコと綾野君だけになった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小屋ガール通信

吉玉サキ

第2回cakesクリエイターコンテスト受賞作! 新卒で入った会社を数ヶ月で辞めてニート状態になり、自分のことを「社会不適合者」と思っていた23歳の女性が向かった新天地は山小屋のアルバイト。それまで一度も本格的な登山をしたことのなかった...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

etozudeyoshida 📷 cakes連載、吉玉サキさんの「 7ヶ月前 replyretweetfavorite

saki_yoshidama 10月に公開された記事。なんかすごく前のことのような気がする。今月か……。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

biftech こういうしゅんかんに立ち会いたくて生きてるんだぼくは 9ヶ月前 replyretweetfavorite

kaoru_note 普段恋話興味ない私でもきゅんきゅんしてしまった… 9ヶ月前 replyretweetfavorite