息子にキンタマを蹴られて悶絶

美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛んだ奥さまと、2歳になった息子を育てる樋口毅宏さん。今回は2018年1月中旬の日記をお届けします。1月上旬の日記はこちらからどうぞ。

1月13日

前夜、深夜3時までふさはTBS「ビビット」の新年会。

「帰るタイミングを見失って……。出演者で残ってたの、真矢みきさんとふさだけだった。あ、でもちゃんと会う人ごとに、夫のちんぽがデカいって言っといたよ」

俺は生まれ変わったらおまえになりたいよ。

ふさは昼まで寝て、京都の同期会に出かけて行った。

夜はかずとふたりきり。近所のスーパーマーケットでワゴンを押したいと大騒ぎ。発狂レベル。

泣きやませようと抱っこしたところ、右のキンタマを蹴られて悶絶。

2歳児のクラスでいちばん背が高く(頭がデカいだけだという話があるが)、足が早く、階段を一段ずつ上り下りする脚力で、こちらがまったくの無防備なところをやられた。


店内で蹲り、しばらく立ち上がれない。

店を出たところ、偶然ライターの碇本学と遭遇。

「あれ樋口さんどうしたの。顔真っ青」

どうにか帰宅する。ソファに倒れこむ。

脂汗を流しながら、1時間起き上がれず。

かずはずっとご機嫌ナナメ。

おなかが減ってるでもない、眠いでもない、自分の思い通りにならないから泣きわめく感じ。

ふさことメールのやりとり。

深夜、女王帰宅。諍いは続いた。いやだいやだ。

1月14日

翌日もキンタマが痛い。

キンタマから響いて右足が痛い。とりあえず破裂はしてないし腫れていない、と思う。

しかしこれが予想以上に長引くことになる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
Baby Don't cry 〜赤ちゃんと俺とキレ妻と〜

樋口毅宏

伝説の育児日記が帰ってきた!『おっぱいがほしい!——男の子育て日記』で、各方面を騒然・唖然・呆然とさせた作家の樋口毅宏さんが、満を持してcakesで続編をスタート!美人東大卒弁護士という華やかな肩書きと裏腹に、常識が通用しないぶっ飛ん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

manaview 知らぬ間にヒグタケ日記に登場していた私。 約2年前 replyretweetfavorite

MUCHIO_HEAD 親の仇のように狙ってくるから、まじやめてって懇願する時あるよね。 約2年前 replyretweetfavorite