新庄剛志】日本でお金をだまし取られ、バリ逃避行? #15

前回までは、「スパースター新庄」として活躍する野球選手時代を振り返ってきました。第15回からは、20億円をだまし取られ、バリへ移住しはじめたころのエピ―ソード。「バリ島の人たちの明るさに助らけられた」と語る新庄さんですが、いったいどんな暮らしをしているのでしょうか?  
◆話題沸騰!『わいたこら。』を全文公開【毎週火・木更新】◆

バリ島はインドネシアにある、東京都の2・5倍くらいの小さな島だ。
僕がこの島を住む場所に選んだ理由は、ただの思いつき。でも、決断して本当に良かったと思っている。
「神々の島」と呼ばれていて、お寺や宗教遺跡も多く、島全体がパワーで満ちている感じだ。
朝になると、どの家も、自分の家の神様に小さなお花のお供えをして、感謝の祈りを捧げる。神秘的というよりも、どこか懐かしいアジアの光景だ。

バリ島に移住して、もう10年経った。
思いつきで移住したのに10年も住み続けるなんて、自分でも不思議に思っている。
よっぽど僕は、バリ島と相性が良かったんだろう。

バリ島では、東京の生活とは比べものにならないくらい、ゆったりとした時間が流れている。ここに来てから、僕は時計もあまり見ないし、すっかり島のライフスタイルに慣れてしまった。

あるとき、バリ島の人と待ち合わせした。だけど時間が過ぎても、全然現れない。
待ちくたびれて電話してみると、
「今、クタの街に着いた」
「それ、3時間前に約束してただろ!」
こんな感じだ。
だけど、そんな国民性でも不思議といざこざは起こらない。
その理由を、仲良しのユウちゃんが教えてくれた。

「バリ島の人たちは、滅多なことでは怒らないんだよね」
たしかにバリ島には、穏やかな人たちが多い気がする。
1年を通じて快適な気候の中で暮らしているからというのもあるし、バリ島の人たちが信仰しているヒンドゥー教の教えの影響もあるらしい。

ユウちゃんは、バリ島に集まってくる世界中のサーファーのために、宿泊施設を用意したり、波の情報を提供したりするコテージのオーナーだ。
バリ島で出会った、僕の親友でもある。
ユウちゃんは、僕に特別な気を使わない。僕が何気なく言った不満などにも、反対なら反対で「いや、ここはこうだと思います」とはっきり言ってくれる。
裏表がないから、付き合いやすい。

移住したころの話だ。
金銭トラブルの裁判の決着もついていなくて、僕にはまだ貯金もあった。
当時の僕を、ユウちゃんはこう思っていたらしい。
「イヤなヤツ」

僕は、ちょっと横暴な感じだったという。
「ほら、お金ならここにあるから!」
ことあるごとに、そんな言い方をしたらしい。
ユウちゃんは言う。
「お金がなくなった、今のほうがいいよ」
お金のトラブルでさんざん苦しんできて、こんなこと言うとバカだと思われるかもしれないけど、ユウちゃんになら騙されてもいいと思ってる。

僕は、バリ島の人たちの明るさに助けられた。お金を失ったことによって、かえって人間的に成長できたのかもしれない。
この島の人たちは僕のことをちやほやすることもないし、必要以上のおせっかいを焼くこともないし、本当に、素のままで接してくれる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
新庄剛志『わいたこら。』

新庄剛志

テレビ『しくじり先生』で、「20億円を使いこまれていた」と衝撃の告白をし、日本中にセンセーションを起こした新庄剛志さん。失意のどん底で、何を考え、どう乗り越えたのか!? 新庄剛志さんが自身の半生を綴った『わいたこら。』(学研プラス)を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

feilong “22635” https://t.co/j6g9SA1akW 約1年前 replyretweetfavorite