努力は絶対、見せたくなかった #5

必死な様子は誰にも見せたくない。練習してなんか全然していないフリをして、試合になったら鮮やかにホームランを打つ。新庄流・スターの美学とは? ◆話題沸騰!『わいたこら。』を全文公開【毎週火・木更新】◆

福岡から関西に出てきたときは、もうドキドキものだった。
自分の力がプロで通用するのか、不安のほうが大きかった。

でも、初めてのキャンプに参加してすぐに思った。
「俺のほうが足は速いし、肩も強いし、守備もうまい。おいおい、俺が一番うまいんじゃないか、プロ野球ってこんなもんか」
僕は自分が素質に恵まれていることを神様に感謝した。

課題はバッティングだった。
師匠だった柏原さん(柏原純一、当時二軍打撃コーチ)からは「バッティングフォームを変える必要はないから、フルスイングだけを意識しろ」と言われていた。
僕はもっとパワーをつけなければ、と考えた。

で、猛烈な筋トレに励むわけだけど、努力している姿は誰にも見せたくなかった。
みんなが110kgのベンチプレスでヒーヒー言っているとき、僕は同じように全力のフリをして110kgを上げていた。でも、これはウォーミングアップ。

みんなが練習を終えると、僕もいったん室内練習場を後にする。そして、しばらくしてから、仲良くなった係員のおっちゃんに「カギを貸してください」と頼む。
おっちゃんは「おう、また来たのか」と言いながら、僕にカギを貸してくれる。そうやって1人で室内練習場に戻って、ベンチプレスの続きを始めていた。

20歳のとき、僕は135㎏ぐらいのベンチプレスを上げていた。何しろ練習場にたった1人だから、何か事故があったら誰にも助けてもらえない。
135㎏のバーベルを持ち上げているときは、もしも首に落ちてきたらどうしようという怖さと闘っていた。でも、恐怖感よりもスターになりたいという気持ちのほうが強かった。

周りのプロ野球選手の多くは、「努力してます」とアピールしたくて練習していたように思う。
監督が見ているときには、ものすごく声を出して一生懸命に動くけど、誰も見てないところでは、手を抜けるだけ抜く。

でも、僕は努力をアピールするために練習するつもりはなかった。 常に「スター」になるための練習をしていたから。
監督やコーチの目なんかお構いなしに、キャッチボールも一生懸命だし、試合が終わってからの練習も人の4倍くらいやっていた。

夜になってからもとにかくバットを振り続けていた。
両手の平はマメでボロボロで、手が痛すぎて、朝晩、顔を洗うのもしんどいくらいだった。

だけど、必死な様子は誰にも見せたくなかった。
練習なんか全然していないフリをして、試合になったらあっけらかんとホームランを打つ。
「あ、入っちゃった」みたいな顔をする。
みんなから「こいつ天才だ」と言われる。それが、僕にとっての理想のスターの姿だった。

“努力したアピール”なんて格好悪いと思ってたから、当時は黙っていたけど、今なら素直に言える。才能も大事だけど、努力も大事。 好きなことはとことん努力すべき。才能に恵まれて、必死で努力して、そうしてやっと一流になれるのがプロの世界っていうことだ。

今なら素直に言える。
才能も大事だけど、努力も大事。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

一寸先は闇じゃない。一寸先は、光なんだ!「栄光」「挫折」そして「復活」。波乱万丈エピソード!

この連載について

初回を読む
新庄剛志『わいたこら。』

新庄剛志

テレビ『しくじり先生』で、「20億円を使いこまれていた」と衝撃の告白をし、日本中にセンセーションを起こした新庄剛志さん。失意のどん底で、何を考え、どう乗り越えたのか!? 新庄剛志さんが自身の半生を綴った『わいたこら。』(学研プラス)を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

u_furuya この連載好き → 2ヶ月前 replyretweetfavorite