​嫉妬はみっともない

傍から見たら大したことではないのに、ちょっとしたことで嫉妬心を抱いてしまったという林伸次さん。人間はどうしてもすぐに嫉妬をするように、脳ができているようです。「悪い嫉妬」をしないようにするために、どうしたらいいのでしょうか?

良い嫉妬と悪い嫉妬

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

僕の『恋はいつもなにげなく始まってなにげなく終わる。』の担当編集者で、幻冬舎の竹村優子さんという方がいるんですね。その方、自分のツイッターのアカウントをフル活用していまして、僕のその小説を褒めているツイートを見かけたら、すぐにリツイートしてくれたり、どこかのメディアが僕のその小説を取り上げてくれたら、すぐに告知してくれるんですね。仕事とはいえ、個人のアカウントなのにすごく積極的に告知してくれて、個人のアカウントだからこそ「色んな人に届いてありがたいなあ」といつも感じているんです。

その竹村さん、窪美澄さんの『じっと手を見る』という小説も担当しているんですね。この本、すごく良い本でして、直木賞を逃したときも、「うーん、残念」って僕も自分のことのように感じてたんです。それが先日、この本を尾崎世界観さんがテレビで絶賛していまして、もちろんそのことについても竹村さんがツイートして、普通の人の「この本、読んでみたいなあ」って感じのツイートも連続してリツイートしてたんです。

いやほんと、仕事だから当然なのですが、僕ちょっとだけ嫉妬してしまったんですね。「え? 竹村さん、僕以外の人も一生懸命リツイートしたりするんだ」って感じてしまったんです。いやほんと、僕、小さいですよね。その自分の小ささにびっくりしたので、その「嫉妬心」について考えてみようと思いました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sonoko0511 大きく分けると、ガソリンになる嫉妬と不毛な嫉妬があるように思う。その間のグレーな、どっちつかずないしはどっちの要素も含む嫉妬もあるけれど。 https://t.co/ZWfne15ugx 3ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci 嫉妬はみっともない|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi 嫉妬はみっともない|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite

bar_bossa 嫉妬はみっともない|林伸次 @bar_bossa | 3ヶ月前 replyretweetfavorite