牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第二十五話

タエコが引っ越していった部屋の新しい住人はヤエコさん。またもや気になる住人の登場です。 築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

となりのタエコが出ていったあとに入ったのは、名前の似たヤエコさん。

ヤエコさんはお香をたくのが好きらしい、推定三十二歳の背の高いたおやかなメガネ女子です。しかし三十二にして風呂ナシに入居してくるあたり、ただものではない。三十二にして平日お昼、どうやらいつも部屋にいる様子なのもただものではない。この建物の人たちはみんなよく分からない。そこがいい。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード