僕は、バリに逃げたわけじゃない #3

金銭トラブル発覚後、バリへ移住した新庄さん。バリへ「失意の逃避行」に隠された本当の真実を語ります。 ◆話題沸騰!『わいたこら。』を全文公開【毎週火・木更新】◆

お金もなくなり、嫁さんもいなくなったけど、バリ島に移住するという決意は変わらなかった。後になって、いろんな人からこう言われた。

「新庄さんはお金を取られて、日本に居づらくなって、バリ島に逃げたんですか?」

いや、逃げたというのは違う。だって、バリ島に住むと決めたときには、まだお金を取られたなんて気づいてなかったんだから。
バリ島に初めて行ったのは、前に話したように、CM撮影の仕事があったから。
撮影が終わり、せっかく来たんだしと思って、ホテルの部屋を出て夜のビーチに行ってみた。
ビーチに出ると、たくさん人がいるのが目に入った。カップルたちが夜の散歩を楽しんでいる。
一瞬、「あ、まずい」と思った。
なぜかというと、僕はプロ野球の選手を辞めたばかりだし、普通の人から見たらピカピカの有名人だ。

日本で、人がたくさんいる場所に出て行くと、100%「新庄だ!新庄だ!」とみんなから指を差される。そんなときに、あんまり愉快じゃない経験もいっぱいしている。
でも、バリ島は違っていた。ここには僕を知っている人がいない。地元の人は誰も、僕のことなんか気にしてないし、見てもいない。
みんな好き勝手にバリ島の夜を楽しんでいる。ほんの数時間前まで、数十人の大人たちに注目されながら撮影をしていたのが、ウソみたいに思えてくる。
「やばい、これ、最高の島かも」
なんだか、じわじわと楽しくなってきて、そのとき最高のアイデアがひらめいた。
「そうだ、明日からここに住もう。ここに住めばいいんだ」 それまでいろんな決断をしてきたけど、こんなにワクワクする決断はなかった。

バリ島で誰にも注目されず、静かに暮らすというのが、僕にはとんでもなく贅沢なことのように思えてきた。 でも、金銭トラブルがわかってからは、バリ移住の意味がちょっと変わってきた。
もう日本に居たくない、というのも本音だった。僕は精神的に疲れていて、どこでもいいから日本から遠く離れたかった。

ただ、もうこれからは毎日楽しく生きるだけ。とにかく楽しく生きることだけ考えよう。僕はそう覚悟を決めた。

戻ってきた8000万円で、バリに新しい家を買った。家を買ったら、もう僕に残っているお金はない。
それでも不安なんてなくて、ただ、バリで一からやり直すことだけを考えていた。
僕はもう自分で好きなようにお金を稼ぎ、好きなように使って暮らすんだ。これからの人生は誰のものでもなく、100%自分のものなんだ。
そう思うことで、僕はなんとか苦しみを乗り切ろうとしていたのかもしれない。

僕はもう自分で好きなようにお金を稼ぎ、
好きなように使って暮らすんだ。
これからの人生は誰のものでもなく、
100%自分のものなんだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

一寸先は闇じゃない。一寸先は、光なんだ!「栄光」「挫折」そして「復活」。波乱万丈エピソード!

この連載について

初回を読む
新庄剛志『わいたこら。』

新庄剛志

テレビ『しくじり先生』で、「20億円を使いこまれていた」と衝撃の告白をし、日本中にセンセーションを起こした新庄剛志さん。失意のどん底で、何を考え、どう乗り越えたのか!? 新庄剛志さんが自身の半生を綴った『わいたこら。』(学研プラス)を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kiq “戻ってきた8000万円で、バリに新しい家を買った。家を買ったら、もう僕に残っているお金はない”しびれる 約1年前 replyretweetfavorite