テレビを捨てる

お金を貯めるためには、貯金の知識や投資のスキルを身につける必要も、毎日お金について勉強する必要もありません。書籍『お金が貯まる人が捨てた37のこと』の中から、「捨てる!」と決意するだけでお金が貯まる18のことをご紹介します。筆者はテレビはほとんど観ないと言います。

テレビを捨てて本を読め

「そんなものばっかり観てないで、早く宿題をやりなさい!」

 子どもの頃テレビを観ていると、母親からよく叱られたものだ。

 だが、そんな声など耳に入らないかのように、私はお笑い番組を観て大爆笑し、歌番組で好きなアイドルにくぎ付けになり、スポーツ番組で手に汗を握った。
 私の子ども時代、テレビはいつも、最先端の情報を与えてくれる魔法の箱みたいだった。

 今、私の家にテレビはあるが、「観たい」と思う番組はほとんどないし、実際にテレビをつけることもあまりない。
「田口さん、今流行っているあのドラマ、観てます? おもしろいですよね!」
 などと話をふられても、まったくついていけない。

 なぜ、こんなにもテレビを観なくなってしまったのか──。
 私自身が大人になり、「情報の受け手」から、「情報の発信者」になったことが大きな要因だろう。

 人は多かれ少なかれ、大人になると「情報の受け手」から「情報の発信者」になる。
 たとえば、幼い頃お笑い番組が大好きだった子どもは、大人になってコメディアンになり、今度は「笑う側」から、人を「笑わせる側」に立つかもしれない。
 また、スポーツ番組が大好きだった子どもは、大人になったらプロのアスリートになって、自分が「熱狂する側」から人を「熱狂させる側」になっているかもしれない。
 このように、「情報の受け手側」にいるよりも、「情報の発信者側」に立つほうが何倍もおもしろいし、やりがいだってある。
 もちろん、誰もが有名なコメディアンや一流のアスリートになれるわけではない。
 しかし、どんな小さな情報発信でもかまわないのだ。
 想像してみよう。
 タレントが温泉めぐりしている番組を観るより、自分が温泉に行き、その良さを味わい、ブログやFacebookで人に伝えるほうが何倍もエキサイティングだろう?

 大人になったら、自分自身が次世代に向けて「情報を発信する側」に立とう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

節約せずに誰でも1000万円貯金ができる!

この連載について

初回を読む
お金が貯まる人が捨てた37のこと

田口智隆

お金を貯めるためには、貯金の知識や投資のスキルを身につける必要も、毎日お金について勉強する必要もありません。書籍『お金が貯まる人が捨てた37のこと』の中から、「捨てる!」と決意するだけでお金が貯まる18のことをご紹介します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koirayoyaku #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite