浅野いにお・鳥飼茜夫妻から男と女が見ている景色の違いを考える

画家の浅野いにおさんと鳥飼茜さんのご結婚が発表された。結婚発表もとい「号外」日記はWEBちくまに公開されている。とてもいい日記だった。『漫画みたいな恋ください』。鳥飼さんが、彼氏について、仕事について、子どもについて書いた日記をまとめたもの。男と女の溝は埋まるのか? この恋愛日記を読んで、思ったこと。
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして、cakesオリジナル定期連載。

男と女の溝はどうしたら埋まるのか?

 見てる景色がちがうんだな、と思うことがたまにある。

 むかし、一時だけ就活をしていたとき、とある企業を見学する機会があった。その企業はIT系でバリバリ働く人が多く、若い女性も多く活躍する会社だった。そこでわたしがいちばん印象に残ったのは、「おそらく総合職であろう女性社員さんのメイクやファッションがみんなすごくきちんとしていて、みんなきれいな巻き髪をしていた」ことだった。
 わたしにとって、「職場で見た目に気を遣う」のは、武装以外の何物でもないように見えたのだ。

 バリバリ働いている女性がメイクや髪をきちんとするのは、おしゃれしたくてしている、というよりも、いろんな場面で舐められないようにするためのように見えた。もちろん自分がしたくておしゃれしているという意識もあるだろうけれど、その佇まいは、社会的武装、という言葉の方が合致しているように、わたしには思えた。
 そして京都に帰って来たとき、そのことを男友達に報告した。なんか女性の社員さんが、みんなおしゃれで、髪をきれいに巻いてる人が多かったんだよーと。
 すると彼はこう言った。「へえ、あの企業忙しそうなのに、髪を巻いてる暇なんてあるんやな」と。
 あ、そういうふうに見えるのか。
 ちがうよ。忙しい中で巻き髪を巻くっていうのは、それだけ見た目をきちんとしなきゃって思ってるからだよ。暇があるからおしゃれする、っていうよりも、暇がなくても見た目はきちんとしてないと舐められるからだよ。
 わたしはそう言ったけれど、あまり納得されないまま会話は別の方面へうつって、なんだか釈然としないままビールを飲みこんだ。

 もちろんこれはわたしの独断と偏見による意見だ。
 たしかに、見た目に気遣えるのは余裕があるからかもしれない。実際、忙しく働く友人などを見ているとそう思う。だけどその見た目に気遣う努力を「武装」だと感じてしまうのは、朝ちゃんとメイクをしてハイヒールを履くのは社会的信用のためであるように見えるのは、わたしが女だからなんじゃないかな。と、そのとき思った。
 男と女の見てる景色はちがうよな、とも。
 だけど職場のメイクとハイヒールを男の人が本当に欲してるのかと言われたらおそらくそうとも言い切れず、ならいったい彼女たちが何と戦っているように見えるのか、うまく言葉にできない(あえて言うなら「世間」? でも世間ってだあれ、という太宰治のよーな結論に終始してしまう)。
 わたしは、いまだに「見えてる景色ってちがうよな」以上の感想を、持てないのだ。


『漫画みたいな恋ください』鳥飼茜(筑摩書房)

 本題に入ると、『漫画みたいな恋ください』(鳥飼茜、筑摩書房)を読んで、このことを久しぶりに思い出した。
『漫画みたいな恋ください』は、漫画家の鳥飼茜さんが、今年の4~7月のあいだ、彼氏について、仕事について、子どもについて書いた日記をまとめたものだ。WEBちくまで連載されていた頃からわたしはおもしろく読んでいたのだけど、この彼氏が漫画家の浅野いにおさんであることが途中で判明し(日記には「彼氏」としか書かれないのだけど、ちくまで浅野さんの日記が始まり、読者は「そういうことかよ!」と仰天した)、さらには先日二人のご結婚が発表されていた。おめでとうございます。鳥飼さんの結婚発表もとい「号外」日記はWEBちくまに公開されている。とてもいい日記だった。

 男女交際のみならず、人と関わり、仲良くしていこう、ずっと一緒にいよう、と思うとき、どうしても「わかってほしい」という欲望が生まれる。
 いや「わかってほしい」と思わない人もいるのだろうけれど、「なんでわかってくれないんだろう」という絶望に無縁の人なんているのだろうか。言葉を尽くして話したり、どうにかわかってもらえるように伝えたり、ということをしてみても、やっぱり人と人とはわかり合えない。
「他人に対して、根本的に分かり合えないという諦めと、それでも理解し合いたいという欲が同じ分量くらいで常に稼働している」と述べる鳥飼さんは、その狭間で葛藤する様子を日記に残す。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ktre30 相変わらず三宅先生の文章狂おしいほど好き。すごい好みの文章。 https://t.co/jMwWnzZ7sS 12ヶ月前 replyretweetfavorite

hachi_simple 世間とは自分自身なのかもしれない 12ヶ月前 replyretweetfavorite

imyme_999 これすきぃぃ…… “「なんでわかってくれないんだろう」という絶望に無縁の人なんているのだろうか。言葉を尽くして話したり、どうにかわかってもらえるように伝えたり、ということをしてみても、やっぱり人と人とはわかり合えない。” → https://t.co/QTYLnFYTkO 12ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk 今回の文章、わりと読後感に気を遣ったというか、「批判とか悲嘆とかじゃなくて、なるほどな、あたりのとこに落とし込めないかな……」と頑張ったので、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです〜🙌 https://t.co/YkGNKWPmpG 12ヶ月前 replyretweetfavorite