その日の議論が陣内智則に行き着いた

今回の「ワダアキ考」で取り上げるのは陣内智則です。ピン芸人として『エンタの神様』で人気に火がつき、現在ではツッコミ役としてテレビ番組の司会なども任されるようになりました。反面、藤原紀香との離婚や天然エピソードを他の芸人からいじられることも。そんな陣内に対して、気になることがあるという武田砂鉄さん。武田さんは陣内智則をどう見ているのでしょうか?

『エンタの神様』化する政治家珍答弁

自民党総裁選前に「NEWS23」に出演した安倍晋三首相が、星浩キャスターから、利害関係者である加計理事長とのゴルフや会食を控えるべきだったのではないかと問われると、「星さんは、ちょっと、ゴルフに偏見を持っておられると思います。あの、今、オリンピックの種目になっていますから、ゴルフはダメで、テニスはいいのか、将棋はいいのか、ということ、なんだろうと思いますよ」などと、話をとんでもない方向へ持っていった。キャスターの雨宮塔子が思わず破顔してしまっていたが、話が思わぬ方向にズレていく様子を見届けるのって、そこにいるのが政治家じゃなければ、基本的には面白い。この日の首相の様子を見て、「コントみたい」と反応しているのを見かけたが、それは、コントを作っている人たちに失礼である。

でも確かに、政治家の皆さんの堂々たる珍答弁を見ていると、これはもしかしたら、いつぞや見かけた『エンタの神様』でのコントに近いのではないかと思う時がある。「争点をずらすためにあやふやに答える」というのは、政治家とコントの共通項かもしれず、「あやふやに答えて追及から逃げる」政治家と、「あやふやに答えて場を混乱させる」コントは、途中まで同じ作りをしている。人と人とのコミュニケーションって、とりわけかしこまった場所では、決まりきった流れが用意されており、無難に進むと思いきや、そうはいかなかった時に笑いが生じる。

コントで葬式のシチュエーションが好まれるのは、ちょっとしたイレギュラーの発生がたちまち笑いにつながるからだろう。「ゴルフはダメで、テニスはいいのか」のように、政治家の答弁が道を脱線したままイレギュラーに突き進んでいく様子というのも、やっぱり笑いを生む。それこそ、アンジャッシュが得意としてきた、お互いが勘違いをしたまま会話がどんどん進んでいくコントのようなものである。

台本通りに進まないことを笑う

志村けんのコントを見ていると、志村けんにしろ、上島竜兵にしろ、台本通りに進まなかった瞬間に、笑うのをこらえている様子を意識的に見せ、その様子を指摘し合うことによって笑いを広げていく。いっつもそうだ。あの場では、あらゆるイレギュラーがレギュラー化している。見るほうは、「あっ、これ、いつものイレギュラーだ」と矛盾したことを思いつつ、ものすごく安心しながらそれを見ている。自分の好みで言えば、中川家のコントなどでも、うまくいかなかった時の動揺を笑いに変え、リカバリ作業でもう一回笑わせ、この迂回路はあらかじめ用意されていたのではないかと疑うほどだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ナンシー関に"賞味期限"はない

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません