口座は1つだけ」を捨てる

お金を貯めるためには、貯金の知識や投資のスキルを身につける必要も、毎日お金について勉強する必要もありません。書籍『お金が貯まる人が捨てた37のこと』の中から、「捨てる!」と決意するだけでお金が貯まる18のことをご紹介します。あなたは一つの口座でお金を管理していますか?

お金を貯めるには、口座をわけよう  

 おそらくこの連載を読んでいる方で、銀行に口座を持っていない人はあまりいないのではないだろうか。
 銀行の預金は大別すると、「普通預金」「定期預金」の2つに分かれる。

「定期預金」はその名のとおり、一定期間お金を預けることが前提の預金。
 満期が来るまでは引き出せない(途中で解約は可能だが、利子が普通預金と同じになるなどのデメリットが生じる)が、その分金利は普通預金にくらべてよくなっている。
 生活費などひんぱんに引き出すお金は「普通預金」に、将来のために貯金するお金は「定期預金」にしているという人も多いだろう。
 今はその両方を一つの口座で管理できる「総合口座」というものがあるので、大変便利だ。そのため、口座は一つしか持っていないという人もいるだろう。

 ところが、この便利なはずの総合口座にしたことが落とし穴で、お金が貯まらない人がいるのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

節約せずに誰でも1000万円貯金ができる!

この連載について

初回を読む
お金が貯まる人が捨てた37のこと

田口智隆

お金を貯めるためには、貯金の知識や投資のスキルを身につける必要も、毎日お金について勉強する必要もありません。書籍『お金が貯まる人が捨てた37のこと』の中から、「捨てる!」と決意するだけでお金が貯まる18のことをご紹介します。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません