Q.初めての大失恋後、マッチングアプリですぐにヤッてしまうのですが…

1年半付き合って、初めて結婚したいと思えた彼氏にフラれた相談者さん。さびしさのあまり、マッチングアプリでつながった男性とデートをし、次々に関係を持ってしまったそうです。
元メンヘラで現ハッピーリア充のスイスイさんが、相談者さんの負の感情を整理して考えます。

スイスイさんに相談したいお悩みを募集中。
メンヘラ、メンヘラホイホイのハッピーについてお悩みのある方は、
こちらの専用フォーム(匿名可)からご応募ください。

1人でいると気が滅入ります

現在大学4年生です。1年半付き合った彼氏(M2)にフラれました。その日まで同棲状態でした。今まで結婚願望のなかった私が、初めて結婚したいと思った人でした。

フラれた理由は、「好きな人ができたから」です。昔好きだった人(おそらく、高校時代の人。Aさんとでもしておきます)と遊んだら、Aさんが彼氏と別れていたらしいのです。

彼が私の前に好きだった人はまた別なので、Aさんに彼氏ができたからすぐ私に告白した、という訳ではないでしょうが、それでも「それなら私のこと好きになるなよ、1年半を淘汰するほどの気持ちなら、大事にとっておけよ」という気分です。

その直前まで寝食を共にし、旅行の予約もしたところでした。なので、別れる機会をうかがっていたというよりは、本当に急にAさんへの恋心が復活したのだと思います。ある意味誠実だとは思いますが、私は処理しきれていません。きっと脈がありそうだから私を切ったのだと思いますし。

最初の1時間ほどは泣きましたが、あとは悲しいという気持ちも湧かず、ただ無のような感情です。お腹は空くのですが、ごはんを作るのも咀嚼するのも面倒臭く、何食も抜いていたら、1週間経たないうちに3kgやせました(もともと太り気味です)。

彼と別れた直後、某マッチングアプリを入れました。なんとなく、付き合っているときに彼が入れっぱなしでいてムカついたことを思い出したからです。こういったアプリを使うのも初めてですし、私は彼が初めての人で、もちろん他の人とセックスをしたことはありませんでした。

なのに、すでにこのアプリで2人と会い、ヤってしまいました。自分がこんなに貞操観念のない女だったとは…

1人はそれっきりですが、もう一方(B君)は大学も同じなので、一緒にご飯を食べに行ったりラインで雑談もしています。まだ会ってはいませんが、もう1人、毎日のように通話しかなり甘い言葉をかけてきてくれる(「付き合ったら、一緒に○○しよ?」と行ったり、何度も名前を呼んでくるetc)

C君もいます。他にも、女は少ないのか顔も出していないのにたくさん連絡がきています。彼らがワンナイトを狙っているのかセフレを作ろうとしているのか彼女を作ろうとしているのか、わかりませんが。会うのは時間の問題のような気がします。チャットで気がまぎれるのはいいのですが、実際に会うなんてバカげています。慰めてくれるのは、みんな下心があるからなので。それなのに、やめられません。私は何をしているのでしょう。

飽き性なので、1ヶ月ほど経てばうんざりすると思いますし、気持ちが追いついてきたら、思いっきり泣いて心が晴れるのかもしれません。しかし、これ以上経験人数を増やすのもどうかと思います。

どうしたら、今のグレーがかかった気持ちに整理をつけ、まともな生活ができるようになるでしょうか?

今平常の生活に戻るためにやっていることは、

・できるだけ友だちに遊んでもらう
・日記をつける
・今までの思い出を書きだして弔う(これをしていると泣ける)

です。

とにかく1人でいると食事を怠ったり気が滅入ってしまうので、できるだけ友だちと会うか常にSNSを見ています。

これ以上はアプリの人とラインを交換しないようにしようと思っていますが、ちゃんと保てるかどうか…(チャットはしたいのです)。B君やC君にはけっこう話を聞いてもらっているし、縁が切れるまでは繋がっていようと思うのですが、それも甘い考えでしょうか? 今は彼らのおかげで助かっている面はあります。

因みに、私はあと1年半でこの土地を離れる予定なので、恋愛はしなくてもいいかなという気持ちです。もう恋なんてしないとは言いませんが、自分の心に任せようと思っています。

長文乱文失礼いたしました。

(みう・22歳・女・大学生・ややメンヘラ、お相手:超絶普通の人)

あなたについてる、もしくは今後さらにつこうとしている傷には、2種類ある。

彼氏にふられた喪失の傷と、ヤリマン化しそうな自分への自己嫌悪の傷。

これらを混同させている。

風邪と同じで、失恋は他の傷と併発させるとさらに重症化するので1つ1つ分けて考えたい。

失恋したての相談文届くたびに思う。ああかつて、常軌を逸するほどの失恋を(3度も)して本当に良かったと。

あの壮絶な日々を生かして希望、授けてみせる。

最悪の事態を考える

ヤリマン問題から片付けたいです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
メンヘラ・ハッピー・ホーム

スイスイ

“メンヘラ”とは、もともと「心の病を患った人」を指すネットスラングです。でも今ではすっかりカジュアルに偏在しつつある“メンヘラ”。その樹海から脱け出したスイスイさんが、我が身を振り返りながら、今さら聞けないメンヘラの基礎の基礎、そして...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

smfafa 美しい文 “何も見えないのは真っ暗だったからじゃなく真っ白に眩しすぎたからである。” 10ヶ月前 replyretweetfavorite

c___v 毎度素晴らしい 特に「その恋、もとから粗大ゴミだったんじゃね?」のあたり 10ヶ月前 replyretweetfavorite

granat_san 今回すごく爽やかな回答であたたかい気分になった。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

luccataro cakesの記事好きなんだけど、中でも最近のイチ押しカテゴリーは"メンヘラ・ハッピー・ホーム" 10ヶ月前 replyretweetfavorite