官能世界的小説家 文学少女・枝折、官能の世界に接近遭遇す

【第3回】
「小説家との打合せについてくるか?」岩田編集長の誘いに張り切る枝折だが、現れたのは紙の本の編集部から戦力外通告された官能系作家・南雲初道だった。岩田は南雲に、電子書籍専売の小説の執筆を依頼するが……。

文学少女が編集者として一人立ちしていく姿を追いながら、変貌する出版界の明日を占うお仕事小説!

◆官能世界的小説家

 枝折(しおり)は岩田とともに地下鉄に乗った。目的地は神奈川県の川崎駅。有楽町でJRに乗り換えて行く予定である。

 昼すぎの地下鉄車内は、通勤時間とは違い閑散としている。枝折は人がまばらな車内で、これから会う小説家のことを、スマートフォンで調べた。

 南雲初道(なぐも・はつみち)、六十歳。知らない名前だった。この三週間見てきたデータでも見かけなかったから、最近新刊が出ていないのだろう。

 枝折の横では、鼻歌とともにキーボードを叩く音が響いている。岩田が薄手のノートパソコンで仕事をしている。枝折も持って来ているが重すぎて、岩田のように軽快に使うことはできない。

「南雲さんのこと知らなかったか」

「すみません。勉強不足です」

「なぜ会いに行くと思う」

「なぜなんですか」

「がはははは。おまえ、ミステリ小説もたくさん読んでいるんだろう。手に入れた情報を整理して、探偵みたいに推理してみろよ」

 静かな車内に響いた声に、乗客たちは訝りながら顔を向ける。その視線に赤面しそうになりながら、枝折はスマートフォンで調べた内容を口にする。

「ウィキペディアにはページがないですね」

「有名作家というわけじゃねえからな」

「アマゾンを見ると、うちから何冊か本が出ていますね」

「ああ。書名を言ってみろ」

「えっ、ここで言うんですか。セクハラですよ」

「自分の会社の商品名を言えねえか」

 むっとして声を返す。

「ポルノ狂時代。少女エロス工房」

 別に中学校に上がり立ての女子のように、初心を装うつもりはない。それでも周囲に聞こえないことを祈りながら答えた。

「南雲さんはさ、編集者上がりなんだよ。小説を書いてデビューする前は、雑誌の編集をしていたんだ」

 文芸誌、総合誌、画報誌や週刊誌。そうしたものを想像したところで、岩田が耳元でささやいた。

「作っていたのは官能小説専門誌だ」

 目を白黒させると岩田が続けた。

「あの人は、当時の経験を活かした小説を得意としている。アンダーグラウンドな文芸世界の人間模様を描く、希有な作家なんだよ」

 なるほどと思い、枝折は話を聞く。

「エロは人間にとって欠くことのできない根源的欲求だ。だから誰でも関心がある。とはいえ南雲さんの書く小説に、成人向けの描写があるわけではないがな。あの人の小説は、職業物として面白いんだ」

 岩田は楽しそうに言う。

「会いに行く理由は、原稿ですか」

「正解だ。まあ、そうなんだがな」

 険しい顔をして岩田が口元を歪める。なにか問題があるのか。

「俺たちは、本来の仕事をしに行くんだよ。だが、紙の奴らがな。特に芹澤がな。その尻拭いが面倒なんだよ」

 岩田は、文芸編集部の編集長である芹澤鷲雄の名前を告げる。

 事情がありそうだ。説明を期待して岩田を見上げる。しかし、ため息を吐いただけで、岩田はノートパソコンの画面に戻り、作業を再開した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
#電書ハック

柳井政和

小説が好きで出版社に就職した春日枝折だったが、配属されたのは電子書籍編集部。 紙の本から戦力外通告を受けた老作家、ネット民には刺さる準引きこもり作家、紙の本には目もくれないデジタル電子書店員たちとの出会いに戸惑う枝折。 やがて作家たち...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ruten 「#電書ハック」3話目昨日公開中。売れずに取り引きを打ち切られた作家が、登場する回です。最新話→ https://t.co/bTxyTHmIMd 連載まとめ→ https://t.co/NSsS2k0dfK #cakes #小説 #電子書籍 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ruten 「#電書ハック」3話目昨日公開中です。紙の編集部から戦力外通告された、官能系老作家(イケメン老人)南雲初道 登場。最新話→ https://t.co/bTxyTHmIMd 連載まとめ→ https://t.co/NSsS2k0dfK #cakes #小説 #電子書籍 4ヶ月前 replyretweetfavorite

bun_den cakes連載中『#電書ハック』の第3回が更新されました。 「官能世界的小説家」 いよいよ小説家との打合せ! 張り切る枝折の前に現れたのは、紙の本から戦力外通告された初老の官能系作家・南雲だった。 #柳井政和 #cakes https://t.co/K0bNWoFvwW 4ヶ月前 replyretweetfavorite