僕の家でバアちゃんの雄叫びがこだました話

強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の爆笑エピソードをお届けするこの連載。今回はバアちゃんが「目の前にあるものを何でも食べちゃう」せいで発生した小さな事件のお話です。

バアちゃんには、目の前にあるものを何でも食べちゃうという悪癖があった。

別にお腹が空いているわけではなくとも、目の届く範囲にお菓子が置いてあれば延々とムシャムシャ食っている。

ちょうど、ホオジロザメとかと同じ習性を持っていたのだ

テーブルの上に置いてあったお菓子を勝手に食べ、後で食べようと思っていた幼稚園生の弟がギャン泣きしたこともあった。

しかしこの世は弱肉強食…可哀想だが、そんなもんホオジロザメの眼前に食べ物を置く奴が悪いとしか言いようがない。

バアちゃんはウチに入ってくると、ゆっくりと家の中を回って獲物を探す。

目を瞑れば、バアちゃんが我が家のお菓子やジュースを捕食している様子が今でも鮮明に思い出せる。ジョーズのBGMと共に

バアちゃんは昔の人なので、良くも悪くも遠慮がない。

文章にすると『ヤバい姑』っぽいけれども、バアちゃんは母方の祖母なのでその辺の諍いは全く無かった。

孫である僕たちも『食べられたくないものは見えるところに置かない』という習慣が身についていたので、実際バアちゃんの悪癖で困ることなんてそうそうなかった。

むしろ、この悪癖で被害を被っていたのはバアちゃん本人である

今回はバアちゃんが『目の前にあるものを何でも食べちゃう』せいで発生した小さな事件について語っていきたい。

あれは僕が中学生くらいの頃だっただろうか、当時バアちゃんは近所に住んでいたので毎日のように遊びにきていた。

小さい頃は僕たち兄弟の子守役をしてくれて、僕らが大きくなってからもなんやかんやでバアちゃんは我が家に入り浸っていた

肉親に対して『入り浸っていた』というのも変な言い方に聞こえるかもしれないが、本人が『お前んちでタムロしにきた』と言っていたのだから入り浸っていたで合っているのだろう。

その日、バアちゃんは朝から市場に出かけていたらしく、我が家に到着する頃にはひどく疲れきった顔をしていた。

うちから市場までは車で20分ほどの距離だったが、真夏だというのにバアちゃんは徒歩で市場まで行ってきたらしい。

我が家に到着したバアちゃんは、とりあえず何か飲み物が欲しいと思ったようだった。

ソファにどかっと座り込んで辺りをキョロキョロし始めた段階で、『麦茶でも入れるか』と母が立ち上がる。

しかし母の判断は一歩遅かった。

バアちゃんの目の前には、無造作に湯飲みが置かれていたのだ。

バアちゃんは湯飲みを手に取り、中に入っていた液体をグイっと飲んだ。飲んでしまった。


直後。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
僕とバアちゃんと家族の話

昆布山葵

noteで話題になった「僕のバアちゃんが物理的に除霊を行った話」の作者・昆布山葵さんによる書き下ろしエッセイ!強烈な個性をもつ「バアちゃん」を中心に、昆布山葵さんの家族の愉快なエピソードをお届けします。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

c___v 笑ったwwwwwww 約2年前 replyretweetfavorite

kohei7795 嗚呼、また笑ってしまった。 #昆布山葵 約2年前 replyretweetfavorite

alpaca_moco ブログ以前のテキストサイトを彷彿とさせますね。 約2年前 replyretweetfavorite

r28 バアちゃんもバアちゃんだが、ハイターで漂泊中の湯飲みをソファの前に置いておくのは危険だと思う... 約2年前 replyretweetfavorite