円と角度を意識すれば、99%の確率で相手を抜くドリブルができる

予防医学研究者であり、論文を読むのが趣味という石川善樹さんが、世の中の様々な事象について科学的に解説していくこのシリーズ。今回は、魔法のように軽々と相手を抜いていくドリブル動画で注目を集めるドリブルデザイナー、岡部将和さんがゲストです。ネイマールやロナウジーニョといった世界のトップ選手から称賛され、日本代表選手にもドリブル指導をおこなう岡部さん。そんな岡部さんが提唱する「99%抜けるドリブル理論」とはいったい、どういうものなのでしょうか。石川さんが、科学の目線で根掘り葉掘り聞いていきます。


左:石川善樹さん、右:岡部将和さん

ドリブルで相手をかわして抜きたいならば、円を思い浮かべよ

石川善樹(以下、石川) 「ドリブルデザイナー」という職業を初めて聞いたのですが、どういうことをされているんですか?

岡部将和(以下、岡部) 簡単に言うと、ドリブルの指導者です。「指導する」というのもおこがましいので、ドリブルを軸にその選手の強みをデザインしてサポートすることができたらと考えました。そこから、「ドリブルデザイナー」と名乗りはじめたんです。石川さんはドリブルって、何のためにするのかわかりますか?

石川 えーと、ボールを運ぶためですか?

岡部 そうですね。それも一つの役割です。もっとさかのぼって考えたら、サッカーの試合の目的ってなんだと思います?

石川 勝つこと、ですか。

岡部 はい。勝つためには、相手チームより多く点を取ることが必要です。その点を取る確率を少しでも上げるためにドリブルをする、と考えています。
 そして、ボールを「運ぶ」というのは、ドリブルの機能の一つです。ドリブルにはあと2つ機能があって、「守る」と「抜く」です。みんながよくドリブルでやろうとするのは、「運ぶ」と「守る」。でも、僕は「抜く」ことをおすすめしています。

石川 ドリブルで抜いていくって、せまりくるディフェンスを「ひらっ」とかわして、ゴールまで持っていく……みたいなやつですか。サッカーマンガからのイメージですけど(笑)

岡部 だいたい合ってます(笑)。

石川 あれができたらいいですよね。でも、難しいんじゃないですか?

岡部 そう、リスクが高そうだからと、チャレンジしない人が多いんですよ。でも、これはちゃんと成功するロジックがあって、それに則った動きをすれば、相当高い確率で抜けるということがわかりました。それが、僕の「99%抜けるドリブル理論」です。理論といっても、聞いてしまえば簡単なものです。要は、図形を思い浮かべながら、ドリブルをすればいいんです。

石川 図形?

岡部 ディフェンスを中心として、半径2m2cmの円が描かれていると想像する。足が軸になっているコンパスのようなイメージをもってください。そして、その円に触れないように、ギリギリのところをドリブルしていくんです。

世界最強のディフェンスから導き出した、2m2cm

石川 なぜ2m2cmなんですか。それ、けっこう大きな円ですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
それ、科学的に教えてもらえませんか?

石川善樹

予防医学研究者であり、論文を読むのが趣味という石川善樹さんは、cakesを運営するピースオブケイクに遊びにくると、最新科学のさまざまなトピックについて熱く語ってくれます。その話があまりにも面白いので、いっそのこと連載にしようということ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__comfort__ ホントに!?   11ヶ月前 replyretweetfavorite

takerui “22512” https://t.co/yARvyXyieH 11ヶ月前 replyretweetfavorite

tokyo_frontale おもしろいなー 11ヶ月前 replyretweetfavorite

PSTY うお〜、サッカーのドリブルにもロジックがある! https://t.co/AzC8KZIapx 11ヶ月前 replyretweetfavorite