銃・病原菌・鉄 — 1万3000年にわたる人類史の謎(ジャレド・ダイアモンド著・倉骨彰訳)

finalventさんの書評連載2回目は、1997年に発表され、翌年のピュリッツァー賞を受賞した『銃・病原菌・鉄 — 1万3000年にわたる人類史の謎』。なぜ、現代のような西欧中心の世界ができあがったのか。進化生物学、生物地理学、文化人類学、言語学などを駆使して解き明かした本書は、まさに「新しい『古典』」にぴったりの一冊です!

 各方面から名著あるいは必読書と称賛されている『銃・病原菌・鉄 — 1万3000年にわたる人類史の謎』(ジャレド・ダイアモンド著・倉骨彰訳/草思社文庫)は、既にお読みだろうか。まだであっても、扱いやすい廉価な文庫版が上下巻ともに発売されたので、近く読もうと思っている人も少なくないだろう。原書は1997年に出版され、翌年、コロンビア大学ジャーナリズム大学院が新聞報道や文学作品に与える、米国で最も権威ある「ピューリッツァー賞」の一般ノンフィクション部門に輝いた。それだけでも読む価値が保証されたような書籍である。

文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)
文庫 銃・病原菌・鉄 (下) 1万3000年にわたる人類史の謎 (草思社文庫)

 著者ジャレド・ダイアモンド自身からして興味深い背景を持っている。ユダヤ系として1937年ボストンに生まれた。父親は医師、母親は教師であり言語学者でもある。知的な環境に育ち、生理学で博士号を取得したがその分野に留まらず、鳥類学研究に取り組みニュージーランドで精力的にフィールドワークをこなした。この実体験が本書『銃・病原菌・鉄』に反映し、本書を生き生きとしたものにしている。その後、研究分野を人類と環境の総合歴史を扱う環境史(Environmental History)とし、「人間はこの地球上でどのように生きて来たのか?」という問いに取り組み、現在はカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)で地理学の教授に就いている。『銃・病原菌・鉄』はまさに環境史を一般向けに、かつもっとも概括的に扱った書物である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新しい「古典」を読む

finalvent

「極東ブログ」で知られるブロガーのfinalventさん。時事問題や、料理のレシピなどジャンルを問わない様々な記事を書かれているが、その中でもとりわけ人気が高いのが書評記事。本連載は、時が経つにつれ読まれる機会が減っている近代以降の名...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード