中川正子(写真家)→弥田俊男(建築家) Vol.3「家族の将来についてはどう思っていますか?」

建築家の弥田俊男さん、写真家の中川正子さんは、2011年の震災を機に、東京と岡山の二拠点生活をスタートしたご夫婦。今回ご紹介するのは、雑誌や広告、CDジャケットから、写真展の開催や写真集の出版まで幅広く活動をしている中川さんによる、岡山理科大学の建築学科で准教授を務めながら、東京ではご自身の建築事務所で設計の仕事をしている弥田さんへのインタビュー。震災、独立、移住などさまざまな転機が重なったご夫婦がいま、話したいこととは果たして?

家族の将来についてはどう思っていますか?

Q.岡山に来た当初は、俊男くんの大学のスケジュールに合わせて、私も東京と岡山を行き来していたけど、常に子どもと一緒だから結構大変で、ある時期から1ヶ月単位で20日間東京、10日間岡山という考え方に変えたじゃない。それによって会えない日も結構増えちゃって。私には毎日話したいことが山のようにあるから、その日のうちに伝えないと無理なのね(笑)。でも、電話やSkypeだと伝わらなくて、それは何度も悩んだことだよね。

弥田:悩んだよね。スゴく難しい問題だと思う。

Q.前にも、無理矢理会うために私が岡山に戻ってきて、でも午後には東京に行かなきゃいけなかったからお昼だけ家族3人で食べたことがあったよね。ホントは子どもと一緒に公園とか行きたいのにほとんど行けてないし、やっとのことでお昼ご飯くらいかと思うとなんか泣けてきちゃって。でも、俊男くんはタイトな時間を割り振りして、家族のために時間を割いたり、やれることはすべてやってくれているからもう何も求められないし、これ以上はないんだって。でも、その時急に俊男くんが「素敵な奥さんと素晴らしい子供がいて、なんて幸せな人生なんだ!」って大声で言い出して(笑)。でも、たしかにそうだなって。その日の私は、「あれもできない」「これもできない」という現実の切り取り方をしちゃってたんだよね。他の家族と比べてもしようがないし、こういう人生を選んだのは自分たちなんだから、私たちは私たちの形でやっていこうって改めて決意したんだよね。


「住吉の居場所」設計:弥田俊男

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード