不完全だからこそ今行く」—大谷翔平の哲学

《プレイしているなかで、一番の選手になりたい。野球は何をもって一番かというのは計りにくいですけど、ファンの方やいろんな人たちから『彼が一番だ』と言ってもらうことは幸せなことだと思います。そういう選手を目指して頑張っていきたいです》――大谷翔平はメジャー挑戦への記者会見でそう言った。そして「不完全だからこそ今行く」と。その真意を『道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~』の著者・佐々木亨氏に語った。

●「見えているものは確実に増えている」

 二〇一七年十一月十一日。

 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、東京都内にある日本記者クラブで会見を開いた。ポスティングシステムによってメジャーへ挑戦する意向を正式に発表したのだ。

 紫色のネクタイに薄いグレーのスーツ姿で現れた表明会見ではこう言った。

《プレイしているなかで、一番の選手になりたい。野球は何をもって一番かというのは計りにくいですけど、ファンの方やいろんな人たちから『彼が一番だ』と言ってもらうことは幸せなことだと思います。そういう選手を目指して頑張っていきたいです》

 そして、こんな言葉も口にした。

《二刀流は自分だけのものではない》

 その言葉に込めた思いを大谷はこう語るのだ。

「(日本ハムで)五年間やってきましたけど、栗山監督をはじめ、お世話になったコーチの方、こういう(二刀流の)体制を作ってくださったスタッフの方々やファンの方々、いろんな方がいて今があると思っています。二刀流というものを崩すことにもそれなりの勇気がいると思いますし、自分としてはそれを続けていきたいので『頑張りたいな』と思って。応援してくださる方の期待を裏切りたくない。そういう思いもあって」

 六年前に思い描いていたメジャーと、今23歳になって思い描くメジャー。彼にとってのメジャーの風景は変わったのだろうか? そう尋ねると、彼はこう言った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
道ひらく、海わたる ~大谷翔平の素顔~

佐々木 亨

「僕のこれまでが詰まった一冊です。」――大谷翔平 「メジャーのトップに行きたい。 長く野球を続けたい。 何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」ーー 幼少期から高校・プロ野球時代、メジャーまで、その軌跡と裏側を...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません