だれかに読まれたいけど読まれたくない。「日記」文学オススメ5冊

他人の日記を読むことって、なぜこんなにも快楽的であるのでしょうか? 続いてく人生に絶望しないためにも、いろんな人の日記を読むこと、おすすめです! 時間のある三連休や通勤電車の合間に、ぜひ。
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして、cakesオリジナル定期連載。


 完全に私事で恐縮なのですが、先日noteで読書日記をはじめました。そこで最近、何か参考になるものはないかな~と、古今東西さまざまな「日記」に目を通してるのですが。
 改めて思いました。やっぱり、日記っておもしろいですねっっ!!!

 日記。
 それは自意識と記録の狭間で揺れ動く、個人の営みの集積。だれかに読まれたいような、だけどだれにも読まれたくないような、日々の記録。そして日記はいつも、ユーモアと退屈が人生に不可欠であることをわたしたちに教えてくれます。
 いろんな日記文学を読みながら、は~人の日記を読むことってこんなにおもしろかったのか~、と再確認している日々です。
 しかし自分の日記ならいざ知らず、なぜ他人の日記を読むこともまた、こんなにも快楽的であるのでしょうか? 
 そんな謎に迫るべく、本日は、あなたも今日から読める「日記」たちをご紹介してみます!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 恩田陸『酩酊混乱紀行『恐怖の報酬』日記』、夏目漱石『漱石日記』、二冊を後で読むリストに追加。 4ヶ月前 replyretweetfavorite

m3_myk 【cakes更新しました】今回は古今東西の「面白い日記」特集です。私の好きな日記たちをご紹介してみました。他人の日記を読むことって、なんでこんなに面白いんでしょうね…?? https://t.co/qSeM4U4vDh 4ヶ月前 replyretweetfavorite