中川正子(写真家)→弥田俊男(建築家) Vol.2「二拠点生活で何が変わりましたか?」

建築家の弥田俊男さん、写真家の中川正子さんは、2011年の震災を機に、東京と岡山の二拠点生活をスタートしたご夫婦。今回ご紹介するのは、雑誌や広告、CDジャケットから、写真展の開催や写真集の出版まで幅広く活動をしている中川さんによる、岡山理科大学の建築学科で准教授を務めながら、東京ではご自身の建築事務所で設計の仕事をしている弥田さんへのインタビュー。震災、独立、移住などさまざまな転機が重なったご夫婦がいま、話したいこととは果たして?

二拠点生活で何が変わりましたか?

Q.大学のお仕事は最低4年なんだっけ? これから岡山で具体的に何をしていきたいというのはあるの?

弥田:こういう縁のあった場所で自分の力が発揮できるプロジェクトがあれば関わっていきたいし、自分なりにベストを尽くしていきたいと思ってる。岡山という場所にこだわっているわけではないけど、色々なことを考える大切なベースになっているし、何か岡山で地域の人たちと一緒にやれる良い機会が作れたらいいなって。建築の人は、とにかくどんどん作ったり、メディアに取り上げてもらうために自分本位なことをしがちな人もいるのね。でも、そういうことじゃなくて、しっかりしたものが作れるペースで、じっくり丁寧にやっていけたらいいなっていまのところは考えてる。



Q
.岡山に来て何もわからない状態から、こうして1年半楽しく過ぎたじゃない? この経験を活かして、例えば海外とか他の街とかでまた何かをやっていくというアイデアはある?

弥田:そういうこともアリかなと思ってる。難しい点は色々あると思うけど、みんなに拠点が複数あって、個人や家族が色んな場所に動きながら、そこで新しいつながりが生まれていくと、大きく状況が変わると思うんだよね。例えば、今後震災のようなことがあった時でも、複数の拠点があれば少なくともすべてを失ってしまうことはなくなるだろうし、そこに縁のある人たちがいれば、お互いに助け合える。今後そういう国になっていったら、劇的に変わるような気がする。そのためには、交通費とかの仕組みが変わらないとなかなか難しいと思うけど。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード