鬼の子

一人じゃできないこと

夏休み前日、どう見ても「鬼」にしか見えない男の子に出会った、中学生のみのるくん。気づけば、男の子はみのるくんの家までついてきてしまっていて……。みのるくんと男の子、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cakesクリエイターコンテスト」の入賞者・ながしまひろみさんの連載です。

※前回のお話はこちら

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
鬼の子

ながしまひろみ

夏休み前日。野球部を退部した中学生のみのるくんは、グラウンドで練習を眺める、ひとりの男の子に出会う。思わず「野球の見学?」と声をかけたみのるくんに、男の子は……。みのるくんと男の子、そして周りの人たちとのあたたかな交流を描く、「cak...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yamasaaaki_f 松本大洋の『Sunny』を読んでるときのあの感じ。 約1年前 replyretweetfavorite

toukajuri みんな、さびしくて優しいなぁって。続きが気になる…お母さんの優しさにちょっとキュンです。 約1年前 replyretweetfavorite

keishiro_314 親としての自分も、あの頃の自分も、未来の自分まで浮かんできて、きゅんとさせられてしまって、いてもたってもいられずcakesに連絡した。 約1年前 replyretweetfavorite

akyska ながしまさんのマンガが大好き。絵と絵、言葉と言葉の行間がもうとてつもなくよくて、毎回うるっと泣きそうになる 約1年前 replyretweetfavorite