​西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震を受けて

この夏、西日本豪雨、台風21号、北海道地震と、立て続けに天災に見舞われた日本列島。被害に合われた皆様に、心からお見舞い申し上げます。今回の「ワイングラスのむこう側」は、東京でバーを営む林伸次さんと同じように、被害に”あわなかった”人たちの考え方について。ぜひ読んで考えてみていただければと思います。

人の消費行動は雰囲気に左右される

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

アベノミクスというのがありましたよね。その政策の是非は、みなさん色々と意見がわかれるところだと思います。バー経営の店主としては、正直、あの頃売り上げがすごく良くなりました。

リーマンショック以降、会社の経費で飲むいわゆる「社用族」という人たちがガクッと落ちてしまったんですね。バーというような場所はそういう人たちが落とすお金で経営が成り立っているところがあるので、「もうこれからはそういう人たちをあてにするのは無理だな」と思って、色々と試行錯誤している時に、アベノミクスというのが始まり、「領収書ください」という人たちがまた増えて、これは日本の景気回復かと思ったものでした。

でも、実際、その時期、周りの人たちに聞いてみても、「アベノミクスで本当に収入が増えた」って皆無だったんです。にも関わらず、「なんか景気良くなってきたみたいだからバーで飲もうかな」って気持ちになったようなんです。本当に、あの時、「景気って、人の消費行動って、雰囲気に左右されるんだな」って勉強になりました。

特にバーの場合、2件目だったり、ちょっとした贅沢だったり、非日常のゆったりした時間を味わいたいという余裕の心持ちだったりで利用されるので、とにかくそういう「世の中の雰囲気」に左右されるんですね。例えば牛丼屋さんとかラーメン屋さん、あるいは焼鳥屋さんや立ち飲み酒場なんかは、そういう世の中の雰囲気ってあまり影響ないと思うんです。でもお店の単価が上がれば上がるほど、そういう世の中の雰囲気って影響がでるんです。

bar bossaは、9.11の日も営業していたのですが、その2001年9月11日からしばらくの間、お客さま、ほとんど来店しなくなりました。あの、ニューヨークのビルに飛行機が突っ込む映像、覚えているかと思うのですが、ああいう異常事態が起こると、みんなテレビに報道にかぶりつきになるし、「戦争がはじまっちゃうな」って空気になると、もうバーでは飲まなくなってしまうんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

林伸次さん、はじめての小説。

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

GeeeeN2525 西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震を受けて|林伸次 @bar_bossa | 景”気” だから 基本的に気分とかマインドの問題だもんねぇ 約3時間前 replyretweetfavorite

sumiko1029 本当にそう。ふつうに消費生活をすることがもっとも大切だと思います。 西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震を受けて|林伸次 @bar_bossa | 5日前 replyretweetfavorite

cafe_petit 西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震を受けて|林伸次 @bar_bossa | 景気は気分って本当そう思うな〜 5日前 replyretweetfavorite

megamurara 人々は社会や世界の波の影響を受ける。/西日本豪雨、台風21号、そして北海道地震を受けて|林伸次 @bar_bossa | 6日前 replyretweetfavorite