結婚制度がない未来、僕の母は孤独死しました

待ち合わせ場所に百鳥ユウカさんは現れず、現れたのは奇妙な若い男だった。彼は、未来の話を語ったのちに、自分は百鳥ユウカの息子だと名乗った。

「僕の母親は百鳥ユウカです」

「は? 何言ってんだ?」

「今、百鳥ユウカさんが結婚したがっていることにはもちろん気づいていますよね?」

「そりゃあ、ユウカさんはオブラートに包むとかまったくできないから、ド直球で言われてるよ。なんで結婚してくれないの? って」

「彼女が池崎くんと付き合ってる立場で僕とセックスしたのだって、癪だけど結婚相手を探してるからだろうしね。もしも結婚制度が今現在なかったら、ユウカさん得体の知れない焦燥感とかもなく、普通に池崎くんと同棲し続けてる気はするよね」

「なんかそれって変ですよね。僕の時代には結婚はないからより不思議です。目的が好きな人と一緒にいることより、結婚なのだとしたら、何が幸せなんでしょうか?」

「結婚すること、それ自体を幸せと思うんだろうね、女性は」

「なぜですか?」

「結局、愛の頂点が結婚だって思ってて、それを達成できない自分は、相手からの愛が頂点じゃないって思うんじゃないかな。だから、当たり前のように、愛してるなら結婚してくれるはず。結婚に踏み切ってくれないのは本当に私のことを愛していないからだ、って思うんだよ。まぁ、それも一理ある気もするけどね。僕なんかは、好きな人が望めばそれをしてあげたいって思うから」

「じゃあ、どうぞ。高畑さんユウカさんと結婚してあげてくださいよ」

「えっ? 池崎くんはおりるのかい?」

「もうよくわからなくなっちゃって。彼の話聞いてたら、結婚もいいものって思えないし。それこそ意味がないと思うんですよね」

「じゃあ、高畑さんお願いします。母と結婚してください」

間髪入れず放たれた青年の言葉に高畑も間髪入れずに応えた。

「いやいや、ちょっとそろそろこの茶番に終止符を打たないと。僕はこんなことでユウカさんと結婚する気にはなれないよ」

「なんでですか?」 あまりにも無邪気な様子で問う青年に、高畑は心底呆れた様子で言った。

「ふぅ。なんでって、当たり前だろう。さすがにこのシナリオを彼女が考えたんだとしたら、あまりにも稚拙で僕はついていけないよ。そろそろ本当のことを言ってくれてもいいよね。君はユウカさんに雇われたのかい?」

「雇われる? バカな。あの人がこんな手の込んだこと考えると思いますか? いつだってストレートに思い込んだら一直線でしょ。ほんとはた迷惑な人だけど、今回のことは僕があなたたちを呼んだんですよ」 池崎は内心大きくうなづいた。

「まぁ、君とユウカさんの関係はわからないけど、こんなことで結婚を決められないよ」

「なんでですか、高畑さん。あなたは百鳥ユウカさんと結婚したかったんじゃないんですか?」

「うーん、彼女が望めばしてもいいと思ってたけど、なんかなぁ……。だって君が散々言ってたじゃないか。結婚制度のデメリットを」

「……正直、僕はわかりません。だって、その制度自体ない世界でしか生きていないんだから。でも……結婚のメリットもあると思うんです」

「ほぅ。聞いてあげようじゃないか」

「そうですね。僕なりに【結婚】について考えてみたんです。まず、ずっと一緒にいるっていう安心感がある。それに、他人と違ってリラックスできる。好きな人とずっと一緒にいられるのは大きいでしょう。経済的不安や将来の漠然とした不安が解消されるし、家族が増えることで楽しいイベントも増える。家族だから許せることがあると思います。あとは、責任感の向上で周りからの評価もアップするでしょう。そしてなにより、浮気防止になる!」

浮気防止という言葉に無意識にも反応した池崎が、反論の言葉を口にする。

「なるほどね。今まであれだけ結婚制度を批判してたのに、ある意味すごいね君。僕はじゃあその真逆を考えてみるけどいい?」

「もちろん。ぜひお聞かせ願いたい」

「まず、ずっと一緒にいると遠慮がなくなるし他人と違って気遣いがなくなる。好きな人とずっと一緒に居られると思うからこそ、2人の時間を大切にしなくなる。経済的不安がなくなり相手に依存するようになるし、将来が決まったことによる諦めも生まれるんじゃないか。それに家族が増えることで楽しいどころか煩わしいイベントが増えると思うね。責任感の向上? うーん、どうかなぁ。まぁ、飲み会には誘われなくなるよね。目に見えない責任感向上より痛いと感じる人もいるだろう。そして浮気ができない!」 池崎はあえて最後の言葉に力を込めた。

「ははは。いいところも悪いとこともあるのが当たり前だよ。結婚というハードルが邪魔をして一人に決めきれない人がいる一方、結婚というハードルがあるからこそ、努力して関係性も成長するかもしれない」

するとまたしても不思議なことを青年は口にする。

「既婚者は、良くも悪くも【結婚はしてみないとわからない】って決まって言いますが、高畑さんはどちらも経験してますよね? 実際どうなんですか?」

「君はどこまで調べてるんだ……まぁいいや。正直なところ、何も変わらないよ。同棲はしてなかったから、一緒に住むようになって、デートで待ち合わせをすることがなくなったことくらいかな。僕は仕事が忙しくて飯も外で済ませてしまうことが多かったし、彼女もそれなりに自由に行動してたからね。お互い縛ることはなかったよ。だから彼女がずっと浮気してたことにも気づかなかったんだけどね……」

「高畑さんは、どちらかが先に死ぬことって考えました?」

「ずいぶん、唐突な質問だな。結婚した時におぼろげながらに考えたよ。不慮の事故でなくなることもあるわけだから、その時に財産の分配で揉めるのは嫌だろう。だからあらかじめ決めたりしたこともあった」

「そうですか。じゃあ、結婚相手に先に死なれたり、自分が先に死ぬかもしれないってことも考えたんですね。逆にいうと、一人ならそういうことも考えないでも済んだ……」

「何を言ってるんだ? 君は」

「いや、結婚があった時代の普通の人の考えを知りたかったので」

「もう、その訳のわかんない設定はやめにしないか。君が未来から来たと言い張るのなら証拠を見せてみなさいよ」

「証拠……あ、30年後の手帳ならここに」

そうやって見せられた手帳には、たしかに2048年と記されていた。

「こんなの、いくらでも偽造できるじゃないか」

「まぁ、信じられないのが普通でしょう。僕だって、なんでここに自分がいるのか説明できないんですから。だからまずは僕と母の話を聞いてもらいましょうか」 そう言って青年は語り出した。

「母は30年後に孤独死します」

<イラスト:ハセガワシオリ

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません