レズ風俗店のオフ会は、女性と女性の出会いの場

いまでこそ日本のレズ風俗界を牽引する大阪「レズっ娘クラブ」ですが、オープン後、軌道に乗るまでにはかなりの時間がかかりました。同店の代表であり、『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』(WAVE出版)著者でもある御坊さんにとっては、いろいろと試しては失敗し、へこたれずにまたトライする日々。なかでも、将来のお客様とキャストをつなぐ場として開催したオフ会が、予想外の展開を見せ……。

これまでにない、レズ風俗店のオープンや! と、お店を起ち上げてから1年経っても2年経ってもお客様はさほど増えず、お店の経営も僕自身の生活もどんどん苦しくなっていきました。 試行錯誤に紆余曲折、ふり返れば「あれは余計やったのかなぁ」と思うこともありますが、やってみなければイケるかイケないかはわかりません。

チャレンジ精神だけは人一倍、持ち合わせていました。

テレビ電話でキャストと会話ができるサービスを開始……予約につながらず。

男装とメイドをデリバリーする新店舗をオープン……まったく流行らず。

女性同士のデートコースだけを提供する新店舗をオープン……これも空振り。

男装派遣とメイド派遣は東京に遊びにいったときに秋葉原で流行っているのを見かけたのですが、なぜか不発で半年も経たずに撤退しました。

同じ時期に共同出資でショーパブをオープンさせましたが、これも難航しました。

という具合にトライ&エラーというよりエラー&エラーの連続でしたが、不思議とへこたれることはありませんでした。あれやこれやと手を出し、奔走しているうちに、自分のなかではずっと“本業”と位置づけていたWEB制作の仕事に手が回らなくなり、納期まで仕上げられない状態になってきました。

女性に知ってほしいなら、クチコミが最大の広告!

けれど実際にはその仕事で得たお金を、お店の運営資金に充てていたこともあり、やめるつもりはありませんでした。要は僕が、馬車馬のように働けばいいのです。

そうこうするうちに店名自体は、だいぶ知られるようになってきました。それは、ひとえに口コミ効果です。

既存の広告宣伝にはお金をかけない主義の僕も、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ノンケ男子が作ったレズ風俗店、苦労と涙と愛と笑いの10年史が待望の書籍化!

この連載について

初回を読む
すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

subeleskamo https://t.co/akQz8i71M9 https://t.co/akQz8i71M9 9ヶ月前 replyretweetfavorite