特別編】シャラップ上田事件の教訓 vol.2 じゃ、どうやって怒ればいいわけ?

緊急特集「シャラップ上田事件の教訓」、多国籍環境での怒り方には作法(プロトコル)があることを学んだところで、より実践的に作法の詳細をみていきます。グローバルな場で野蛮人になりたくないあなた、必読ですよ。

前回のコラムでは、多国籍な職場では、怒る場合にもお作法があるんですよ、というのをご紹介しました。怒っても逆ギレしたり恫喝するのは野蛮人です。ワタクシの個人的な見解や、友人知人の意見を参照しますと、特に西欧州はこれに凄く気を使っている気がします。北米や南米、東アジアに比べて、できる限り、演繹的に物を伝えようとする人が少なくないのが原因なのかなあと思いますが。

一方で、例えば私の友人の経験では、エジプトやシリアだと上司や同僚にかなりきついことを言われてびっくりした、なんてこともあります。文化が違うと怒り方も働き方も随分と違うものです。

さて、シャラップ上田様の案件をしつこく引用させていただいておりますが(すみません、ネタの宝庫なもので)どうしたら良かったかということであります。Wirelesswireのブログの方でも書きましたが、「あなた様の意見には賛成しかねます」と反対を表明して、淡々となぜか、の論拠を示せば良かったわけです。この「まずは自分の意見を明確に表明し」、次に「論拠を淡々と示す」の流れですが、これは、まさに論理的な文書を書くときと全く同じ流れです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Beads_vege 感情コントロールの教育やトレーニングはどこで受けられるのか?自習しかないと思ってた。 約5年前 replyretweetfavorite

sadaaki May_Romaさんの連載も更新です。グローバルで通じる起こり方について。 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi "したがって、こういう「反対意見の表明」や「怒りの伝えかた」をすることは、自分にとってのリスクを軽減することなわけです。" May_Roma|cakes http://t.co/JtlQWcL5SP 約5年前 replyretweetfavorite

ko_kishi 多国籍でなくてもこれは(^^;...w>> "多国籍な環境では、相手の言語、文化、宗教、すべてが自分が育った環境とは異なるので、相手の怒りのボタンを押すポイントが何なのか、がわかりません。" May_Roma|cakes http://t.co/JtlQWcL5SP 約5年前 replyretweetfavorite