愛娘を死なせた、人より多めの依存心

人材派遣会社の営業マンとして働きながら、国民的アイドルグループの作詞もしている楢崎淳也(ならざき じゅんや)。二足のわらじ生活で心身ともに衰弱しきっていたところを、不可思議な宝石店主・蟹江に助けられて再起する。その蟹江は、七年前に愛娘を自殺で亡くしていた。娘を死に導いた「依存心」について、蟹江が淳也に語りはじめる。(毎週月曜日更新)

illust:ひうらさとる

「セシィ?」
「ステッドラーのマネジメント会社の社長セシィと友達なのよ。T‐POPとJ-POPのコラボなんて言ったら、喰らいついてくるわよ。面白そうって」
「セシィさんと仲が良いから、僕の泊まった部屋にポスターがいっぱい貼ってあったんですね」
「違うわよ。あれは和歌子のだから」
「娘さん?」
「そう。七年前に裏の蟹江ガーデンで死んじゃった愛娘。藤棚にスカーフをくくりつけて脚立から体を落っことしてね。台風で倒れないようにって藤棚の補強をしたばかりだった。東京にも家があったんだけど、そっちではなく箱根を選んだのよね」

「言いたくないことなら、話さないで大丈夫です」
「淳也ちゃんが聞きたくないのか」
「いえ、そういうわけでは……」

「じゃあ、耳の穴を全開にして、聞いてあげて。蟹江のカミングアウトを。和歌子はね、学生の頃から付き合っていた男が和歌子よりひとまわり年下の女に走ってから、おかしくなっていったのよ。

 三ヶ月もすれば、時間が癒してくれると思っていたけれど、完全に読みが外れたわ。食べられなくなって痩せていったの。

 その頃、和歌子は電話オペレーターの派遣の仕事をやっていたんだけど、派遣切りにも遭ってね。元彼氏は同じ職場でバイトから社員になってマネージャーを任されていたの。彼の新しい女は和歌子の後輩という関係ゆえ、つらかったでしょうよ。結局、同時に男も職も失っちゃった。

 重なる時は重なるみたい。追っかけていたT‐POPのアーティストに交際報道があって。その相手がまた和歌子のひとまわり年下。またひとまわり下かってツッコミを入れたくなったわ。それもできなかった。和歌子があまりにバランスを崩していて、腫物に触るような接し方になっていたから。

 当時、私はジュエリー販売会社の経営をしていたもんだから、和歌子はうちの会社に来ればいいと思っていたし、金持ちの男でも見つけてやろうくらいに思っていたわ。

 もうひとつ誤算があってね。和歌子の中学時代からの友達が、和歌子に精神安定剤を渡していたの。素人が勝手に判断しちゃだめなのよね。和歌子の死後、その友達はよかれと思って渡していたって、泣きながら謝りに来た。

 薬の影響もあったのか、ある晩、いきなり死んじゃった。突発的にって言いたいけれど、ちゃんとね、あの子、正装して亡くなったのよ。メイクなんてばっちりだった。髪もアイロンでセットしてあった。綺麗な顔だったわ。

 私は仕事に夢中で、気づいてやれなかった。まさか死が和歌子の選択肢にあるだなんて思わなかったもの」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
夜明けのポップス

藤瀬聖子

主人公の楢崎淳也(ならざきじゅんや)は、人材派遣会社で営業として働きながら、人気アイドルグループの作詞も手がける作詞家。しかし二足のわらじ生活は、彼の心身を徐々に蝕んでゆく。そんなおり、訪れた箱根の山中で不思議な女性に出会い……。嵐、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tapitea_rec 「変態バンザイ。タイ人と、遊ぶようにコラボでもしちゃえ。」 cakes連載の小説。本格的にタイポップスとJ-popのコラボがはじまる気配…!? 2年弱前 replyretweetfavorite