対談 枝野幸男・中島岳志 ​二元論の憲法論議/安倍政権の危ういゲーム

枝野演説が明示した「保守」の論理は、正統な保守思想に連なっています。そして、安倍政権がいかに「保守」でないかを浮き彫りにしています。憲法は国家権力が過去に行ってきた失敗や過ちを繰り返さないための、禁止のルールです。先人たちの経験知を重んじる立憲主義こそ保守の中心概念であるという信念を、私は枝野さんと共有してきました。(中島岳志)――中島岳志『保守と立憲』の一部を緊急配信。枝野幸男との対談の最終回。

中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)、枝野幸男(立憲民主党代表)

憲法論議を二元論にしない

中島 「改憲か護憲か」という二元論は、ほとんど意味もないレッテル張りだと思っています。立憲主義は、国民の側から憲法によって権力を縛るという考え方です。だとすれば、時代の変化の中で、よき縛り方をするための、よりよい条文考え続けるのが本来的な憲法論であるはずです。左派の側は一言一句変えないことを「リベラル」だと思いこんでいますが、それは権力の暴走を許す結果になるかもしれない。

 たとえば、枝野さんも言及されているように、首相に衆議院の解散権を認めている憲法7条は、国際的にも異例の制度です。だから強引な解散ができてしまう。それを改定するのは、権力に対する抑止にもなり、リベラルな態度だと言えるでしょう。枝野さんは長らく憲法をご専門にされていますよね。

枝野 もともと弁護士で、大学では憲法ゼミに所属していました。実は、国会議員として初めて選挙に出た時、とても困ったんですよ。マスコミが候補者に「憲法改正に賛成ですか反対ですか?」とアンケートを取ります。これって答えようがありません。良くなるなら賛成だし、悪くなるなら反対です。一貫してその回答を続けています。この二元論には本当に苛立ち続けています。

 ただ私たちの世代は二元論ではない最初の世代の政治家であるとも思っています。私は二〇〇〇年から「衆議院憲法調査会」に参加していましたが、委員長で自民党の元衆院憲法調査会長・中山太郎さんとは、噛み合う議論ができました。しかし安倍首相になってから、憲法論議が二元論に戻されてしまった。議論の明らかな劣化です。

憲法9条改正、政治の現場のリアル

中島 私は9条は変えた方がいいと思っています。自衛隊もちゃんと明記するべきです。しかし、憲法を守らない状態で安保法制ができている今、違憲部分はしっかりと是正した上で、改憲の議論をするべきです。違憲の安保法制に合わせる形で憲法改正をしたら、完全な立憲主義の崩壊になってしまう。これは大変恐ろしい事態です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「枝野演説」の真髄!混迷の時代を読み解き、生きるための必読書!

この連載について

初回を読む
保守と立憲 世界によって私が変えられないために

中島岳志

2018年7月20日、第196回国会の実質的な最終日、立憲民主党・枝野幸男代表によって行われた内閣不信任案趣旨説明演説は、その内容、格調の高さから憲政史に残る名演説と、大きな話題と共感を呼んだ。枝野演説の真髄といえる保守とは、立憲主義...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Orilyn #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

YamamotoPotato 「安倍さんは、最初から敵と味方に分かれたゲームを設定し、敵の攻撃をどう防御するのかという一点で国会論戦に臨んでいる」と枝野氏→ 約2年前 replyretweetfavorite

ecorsal #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite

mamiyac330 「議論は納得した時に、意見を帰る勇気がある人間が行うものです」 安倍ちゃんにはできない、ってことで 約2年前 replyretweetfavorite