ヘミングウェイの短編をもし三宅香帆と一緒に読んだら

ヘミングウェイのたった6ページの短編を一緒に「読んで」みましょう。最大限「この小説は、実は何を書いているのだろう……」とセンサーを全開にして読むと、「猫がほしいと駄々をこねるだけの夫人の話」が、「子どもを産むか産まないかの話」になり、「アメリカとイタリアの国家の話」に見えてくる!
「京大院生が選んだ人生を狂わす名著50」がリニューアルして、cakesオリジナル定期連載。


ヘミングウェイの6ページの短編を一緒に「読んで」みよう

 前回、読書の秋に外国文学を読んでみましょうよ! というお話をしました。
 で、前回は「読み方」編だったのですが……今回は「実際に読んでみる」編です!
 秋の夜長に読んだことのないジャンルに挑戦してみようかしら、しかし最初何から読めばいいのかわからない……というそこのあなた、わたしと一緒に、実際に海外文学を読んでみましょう!!

 用意していただきたい本は、

『ヘミングウェイ全短編1 われらの時代 男だけの世界』
(ヘミングウェイ、高見浩訳)新潮文庫

 短編集なのですが、なんせひとつずつの話が、とても短いんです。
 今回とりあげる短編『雨のなかの猫』なんて、なんと、文庫本6ページ!!!
 すごくないですか。6ページって。星新一もびっくりの短さ。

 しかし短いからって、簡単な話じゃないんですよこれが……。ぼーっと読むと「はれ? なんの話?」と首をひねってしまいそうな、だけど真剣に読むと奥が深くて息を呑んでしまう、傑作短編小説なんです。
 というわけで、一緒に読んでみましょう。


 手元に本がない方のためにどんな話かと説明しますと……

 主人公はイタリアのホテルに滞在する若いアメリカ人夫婦です。
 ホテルで妻が窓の外を眺めていると、子猫を見つける。雨が降る中、子猫は緑色のテーブルの下で濡れまいとちぢこまっている。興味なさげな夫を横目に、妻は子猫をひろおうと階下へ向かう。
 フロントの前には、イタリア人であるホテルの支配人がいた。彼は一礼する。老人だが威厳があり、いつも役に立とうとしてくれる支配人に妻は好感を抱いていた。
 しかし外に行くと、雨の中のテーブル下に、子猫はいなかった。妻は失望感に襲われる。「あたし、子猫がほしかった」と彼女は着いてきたメイドに言う。
 妻が戻ると、支配人はまだフロントにおり、また一礼した。
 部屋に帰った妻は、読書していた夫に「とてもほしかったわ、あの猫」と何度も言う。そして「子猫がほしい、銀器が揃ったテーブルで食事がしたい、新しいドレスが何着かほしい」と夫に言う。夫は「いい加減にして」と読書へ戻ってしまう。
 妻は「とにかく、いますぐに猫がほしい」と言う。
 すると、突然、メイドが部屋にやって来た。
 その腕には……「支配人からお渡しするよう申しつかりました」と、でっぷり太った三毛猫が抱えていられていたのだ。

 はい、ここで終わり。これだけの話なんですよ。6ページ。アメリカ人夫婦の、イタリアのホテルでの一コマ。
 一読しただけでは「なんのこと?」とはてなマークが浮かびそうなお話ですね。
 しかし、しっかり読むと、かなり深いお話なんです……。

 というのも。
 奥さん、過剰なまでに「猫がほしい」って言うんですよ。「え、俺が行こうか?」と一応言う夫を振り切って、「わたしが行く」って雨の中をわざわざ見つけにいくし。いないとわかっていても、何度も何度も「猫がほしかった」って言う。
 ちらっと見ただけの猫を、こんなに「ほしかった」って言うって……いったいなんなのでしょう?


結論は、子猫=子ども

 結論を先に言うと……わたしは、初めて読んだとき、「この猫は暗に「子ども」のことを表現してるんじゃないか」と思ったのです。

 まず注目したいのが、「雨の中のテーブル」の下で「丸まっている」子猫。
雨の中で丸まるって、羊水のなかで丸まる胎児のことなんじゃ……と考えてしまう。

 さらにそのテーブルは「緑色」。テーブルなんて色をわざわざ書かなくてもいいじゃないですか。だけど書いてある。しかも2回も。なんなんだろう? 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb あー、そういう解釈を入れての読み方、おもしろい。(訓練したことないので、すぐにはできないとおもうけれど) 2ヶ月前 replyretweetfavorite