浅野いにお・前編「ツイッターで『浅野いにお』と検索できるようになった」

あの独創的な仕事をしているクリエイターたちの机をご紹介する本連載。今回は熱狂的な支持を集める漫画家・浅野いにおさん。その精密な絵はどのような机で描かれたのでしょうか。そこには、その浅野さんのマンガの世界観と同様に、独特のこだわりがありました。

1話を作画するのに、10日かかります

—ここでいつもマンガを描かれているんですね。

浅野いにお(以下、浅野) はい。仕事場兼、自室ですね。1日の大半は、ここにいます。

—マンガを描くときは、まず何から始めるのでしょうか。

浅野 ストーリーづくりからですね。最初30分くらいで骨組みを考えちゃうんです。

—早いですね!

浅野 あんまり僕、ストーリーで悩まないんですよ。じっくり考えるのは、セリフの言い回しや、それに込められた意味合いなど。セリフは、テキストエディタに書きだしていきます。ここからここまでが、1話分の大体のあらすじとセリフです。

—文章にするのではなく、箇条書きで書いてあるんですね。

浅野 だいたい1時間くらいで、単行本1冊分のストーリーをざーっと書きます。それを、『おやすみプンプン』というマンガだったら、1冊に11話入るので、エピソードなどがバランスよく配分されるように11個に割る。そして、1話ごとに肉付けするように、セリフを一気に書いていくんです。

—ストーリーができた後はなんの作業に入るんですか?

 ネームです。セリフとコマ割りが書いてある、マンガにおける絵コンテみたいなものですね。僕、ここまでには、全体の作業の1~2割の時間しかかからないんです。

—ということは、作業の大半は……。

浅野 作画です。ほとんど絵を描いてます。いま、1話作画するのに、10日かかってるんです。

—それって週刊連載だと、間に合わないですよね。

浅野 まったく間に合いません。だから今は、休載して何話も描き溜めて、ガーッと掲載して、というのを繰り返しています。絵の作業はこれ以上急げないんですよね。効率化できない。アシスタントには写真からとり込んだ画像を元に背景を描いてもらっていますが、彼らの作業はそれだけなので。

—じゃあ、人物の部分は全部浅野さんが描かれているんですね。

浅野 そうです。背景をスキャンして合成するなど、デジタルの処理も全部やります。やることいっぱいあるんです。

—それは、マンガ家さんの中でも、作業量が多い方なのではないでしょうか。

浅野 そうかもしれませんねえ。以前は全部一人でやっていたので、そこからあまりやり方を変えたくないんです。なるべく全部自分で描いたほうが、マンガの出来不出来も自分の責任になりますしね。……ちょっとちょっと!

浅野 原稿の上に乗らないで(笑)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
クリエイターズ・デスク

cakes編集部

あの独創的な仕事をしている人の机は、一体どうなっているの!?――そんな疑問や好奇心に応える連載が「クリエイターズ・デスク」。それぞれの分野で活躍しているクリエイターの机を覗かせてもらい、その仕事のスタイルについてもこってりお話をうかが...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

e_r_i_O_d_e サブカルってかんじやなあ。笑 【第4回】 https://t.co/AzKd6GoAnA 5年弱前 replyretweetfavorite

gotoichi1003 これと決めたら、変えない。変わっても大丈夫なようにこだわらない。フムフム。。。。【第4回】 5年弱前 replyretweetfavorite

sasakyu339 本文と関係ないけど、いにお先生とフット後藤さんとABC-Zの河合くんを並べてみたい。 【第4回】 5年弱前 replyretweetfavorite