鎌倉の家

我が家の正月に欠かせないお餅の花束

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓――。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出します。

是が非でも駆けつけた、鎌倉の年越し

 正月のしつらえで、特に好きなのは餅花だ。

 柳の枝のところどころに花に見立てた紅色と白の餅がついている。それを竹筒に入れて居間の柱に飾ると、空間に落ち着いたはなやぎが加わる。夏の花火大会でしだれ柳が打ち上げられると、餅花を思い出す。どちらにも、放物線のたおやかさがある。

 都内に部屋を借りていた頃には、楽しそうな年越しのお誘いがたくさんあったけれど、餅花で新年を迎えたくて、必ず鎌倉の家に帰った。忙しいと、ぎりぎり大晦日の朝にあわてて帰宅することも少なくなかった。

 餅花は毎年、小町通りにあった「味路喜」という懐石料理のお店が、クリスマスを過ぎた頃に届けてくれた。味路喜は、料理研究家の岸朝子さんから両親が紹介され、いきつけだった。

 大晦日になると、味路喜からは今度はお節のお重が届く。年越し蕎麦は八幡宮のほど近くにあった「一茶庵」。父が受け取りにいくのが習慣だった。父は一茶庵の帰りに味路喜に寄り、一杯飲んでくる。母と私はその間に家じゅうの掃除をして、正月用の料理を作った。私の担当は、出し巻き卵に百合根や生麩の煮付け。弟はいたりいなかったり、友達と飲みにいって元旦にやっと帰ってくることもあった。

 物を知らない私は、餅花は味路喜のオリジナルのものだと勝手に思い込んでいた。

 その後、味路喜は鎌倉の店をたたみ、店名を変えて都内に進出し、お節は宅急便で届くようになった。居間に餅花が飾られることもなくなった。生活の細部を彩る大切なものは、ある時はそれほど気に留めないのに、なくなってからその価値を思い知る。

 いつだったかの元旦に、私は雑煮を食べながらいった。

「お餅の花束がないと、ちょっとさびしいなあ。それにしても、すごいアイデアよね。味路喜の女将はどういう時にあれを思いついたんだろう」

 母があきれた口調で返した。

「あれは味路喜さんが考えたものじゃないわよ。お正月の定番で、餅花っていうの」

 いわれてから、師走に現れるしめ飾り売りが、餅花を扱っていることに気がついた。

忘れられない元旦を彩った忘れられない餅花
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

鎌倉の家

甘糟 りり子
河出書房新社
2018-09-26

この連載について

初回を読む
鎌倉の家

甘糟りり子

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓——。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出すエッセイ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ririkong 更新されています。 13日前 replyretweetfavorite