評価しない人事制度、フラットな組織...新しい会社のしくみ

独自の経営スタイルや働き方で注目を集める「パンと日用品の店 わざわざ」の平田はる香さん。昨日行われた、全国のオンラインショップの中からNo.1を決めるコンテスト「カラーミーショップ大賞2018」でも大賞を受賞しました。今回はそんな急激な勢いで成長を続ける「わざわざ」の仕組みづくりのお話です。

前回、地方から人が減っていく中で、「わざわざ」として移住者の雇用を増やす取り組みをお伝えしました。今回も引き続き雇用を増やすために作ったちょっと変わったしくみの一部をご紹介したいと思います。


1. 会社支給の賄い制度

夏場は自分たちの畑で作った野菜が賄いに並ぶ

わざわざには創業当時から賄い制度があり、会社になっても継続している。飲食店やパン屋によくある「賄い」は、店で余ったものをスタッフに昼食として振舞ったり、休憩時間にパパッと簡単なご飯を作ってみんなで食べるものだけど、わざわざのはちょっと違う。事業を始めた当初は一人だったので、もちろん仕事の合間にご飯を作って一人で食べていたのだが、2人3人と段々と人が増えて、ではみんなの分もまとめて作ろうとなって、7人8人となり、今は14人分。

はっきり言ってとっても大変。だけどこれはやめないで継続していきたいと思っている。もし今後スタッフが30人50人になっていくことがあるならば、そのための食堂を作ろうと考えている。賄いは私が全て一人で作っている。大人数になってきて凝ったものは作れなくなっていて、カレーや丼、パスタ、パンとスープと卵料理とサラダなど簡単なものばかり。

店で取り扱っている調味料と素材で 1時間ほどで作るのだが、作り続けるのは理由がある。「わざわざ」は継続して事業を営むために健康を大切にしているが、健康には三つの大切な要素がある。食事・運動・睡眠だ。どれが欠けても健康は維持できないと考えていて、お母さんが子どもを思いやるような気持ちでお昼ご飯を作りたいというのが最初の動機だったので、やめたくない。

賄いを作り終わるとみんなにご飯できたよーと呼びかけ、全員集合して盛り付ける。

一人暮らしで食生活が安定しない若い人に野菜を沢山食べさせてあげたいし、こんな食事が健康的だと思うのだけどみんなはどう?という問い掛けもしたい。わざわざの取り扱いの食品を食べてもらうことで、お客様に味を説明できるようになることも少し期待している。

それからスタッフがテーブルを囲んで話をすることで、よいコミュニケーションが生まれ、仕事の潤滑油になると信じている。だから、賄いの時に会話を放棄する人はわざわざには要らない。できるだけ皆と話そうとしてほしいし、その場で個になりたい人は入社させたくない。仕事中は殆ど全員が個になり仕事に取り組むのだから、賄いは和になるべきだと考えている。

ちなみに賄い代は全て会社支給である。行き過ぎた福利厚生になってしまい法的に問題があるため、賄い代を一旦給与として支給し、徴収して所得税を収める方式をとっている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
わざわざ平田の思索日記

平田はる香

長野県東御市にある「パンと日用品の店 わざわざ」。山の上の長閑なこの場所に、平田はる香さんは2009年にひとりでお店を開きました。平田さんがnoteで公開した記事「山の上のパン屋に人が集まるわけ」が大いに反響を呼び、独自の経営スタイル...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yriica #notemeetup 後に、平田さんのcakes連載を一気読み。 約2年前 replyretweetfavorite

takasan12 読みたくなった記事。 約2年前 replyretweetfavorite

masashis06 「せめて、自分の営む会社内ではヒエラルキーと徹底的に戦い、新しい会社のしくみを作っていきたい」 約2年前 replyretweetfavorite

taroshin999 こんな会社がもっと増えたら良いと本当に思う。 特に賄い制度は素晴らしい。 「輪」になって「和」を創り出す。 自分もいつかこんな「和」を作りたいと思った。 いや、やろう。 @wazawazapan | 約2年前 replyretweetfavorite