鎌倉の家

憧れの銘柄がおさめられた父のワインセラー

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓――。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出します。

大好きだったワインが飲めなくなった父

 ワインショップ「エノテカ」が先物買い、いわゆるプリムールを始めたのは一九九五年のこと。収穫したブドウが樽の中で熟成している最中、まだ瓶詰めされる前に買ってしまう。ボルドーの赤ワイン独特のシステムをエノテカが日本で初めて導入したのだった。

 早速、父に勧めたのだが、すぐに飲めないのはつまらない、といわれた。私は粘り強く説得した。

「お父さんが二年後も元気でおいしくお酒が飲めるように、目標代わりに何本か買っておいたら?」

 とかなんとかいって、そそのかした。

 銘柄選びもエノテカのスタッフと相談して私が勝手に決めた。リストに「ペトリュス」があった。その頃はまだ日本では今のようにもてはやされていなかったが、それでも一本五万円ぐらい。シンデレラ・シャトーの先駆けといわれるこのワインをいつか飲んでみたくて、二〇〇〇年のヴィンテージの購入時に思い切った。

 ペトリュスはフランスのシャトーとしては歴史があるわけではなく、規模も小さい。それほど有名ではなかったペトリュスを、一九五〇年代のニューヨークで一番スノッブだった「ル・パヴィヨン」というレストランのオーナーが気に入って常連たちに勧め、一躍ステイタス・シンボルとなった。常連客には、ケネディ、ロックフェラー、オナシスなどがいた。このエピソードを『ワイン通が嫌われる理由』という本で読んで以来、憧れの銘柄だった。ボルドーのワインがフランス国内より先にニューヨークで評価されたというのがかっこいいと思った。

 プリムールの場合、現物が届くのは支払いをしてから二年後。届く前にワインセラーを買った。せっかくペトリュスが我が家にやって来るのだから、ふさわしい状態で保存しなければならないと父と母を強引に説得した。

 父は二〇〇一年、直腸と胃とリンパ節に癌が見つかり、八時間にも及ぶ大きな手術をした。胃を三分の二ほど切除したら、味覚が変わってしまった。酸っぱいものが苦手になり、大好きだった鮨とワインを口にしなくなった。ペトリュスが家に届く前に赤ワインを飲まなくなってしまったのだ。父は、「ワインは飲むためにあるのだから、りり子の好きなように開ければいいじゃない」といったけれど、なかなかそういう気にはなれず、プリムールで買ったものはみんなセラーに寝かされたままだった。

 二〇一三年十一月、父が亡くなった。亡くなる前の晩に飲んだのは日本酒だった。

 セラーにはたくさんのワインが残された。何か納得のいく理由が見つかった時に、ペトリュスを開けようと思った。渾身の一作が書けた時か、自分の切りのいい誕生日か、父の命日か。いつのことになるのかわからないけれど、シンデレラシャトーにふさわしいその時がきっと来るはずだ。

電話をくれればよかったのに
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

鎌倉の家

甘糟 りり子
河出書房新社
2018-09-26

この連載について

初回を読む
鎌倉の家

甘糟りり子

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓——。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出すエッセイ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kako309 甘糟りり子さんのエッセイ、これは、これはせつなすぎる…( ´-`)ペトリュスを飲まれてしまう話。悪気がないのも分かるから余計にせつない… /https://t.co/AfDXoQBbWt 14日前 replyretweetfavorite

uematsuk 「恐ろしいジョーク」とは、この事だ。 他人事ではない。 15日前 replyretweetfavorite

iku0602 こんないいワインも父親もうちにはないけど、めっちゃ共感。 15日前 replyretweetfavorite