鎌倉の家

母に言えなかった秘密の遊び場

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓――。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出します。

お気に入りの旅先だった、岬の洞穴

 子供の頃は大きな移動などしなくても、いろいろな世界に旅行できた。稲村ヶ崎公園の下にある大きな洞穴は私のお気に入りの旅先だった。そこに行けば、日常から切り離された特別な時間を過ごすことができる。

 小さな岬にある稲村ヶ崎公園からの景色は数えきれないほど見ているが、その度にはっとする。はっとしながら懐かしい気持ちになる。視界が空と海でいっぱいになり、無意識にその境目を探してしまう。ここからの景色は私にとっての「ふるさと」だ。

 景色の中心に江ノ島があり、空気が澄んでいる日ならその横に富士山、沖合には伊豆七島が眺められ、年二回のダイヤモンド富士の時期は一眼レフと三脚を持った人たちであふれかえる。そんな公園の下にある、あの場所が。

 四十数年前、大きな洞穴はまだ砂浜の地続きにあり、公園の下の岩に沿って歩けば一分足らずでたどり着けた。雲ひとつない晴天の日でも、そこだけは墨で塗ったように黒かった。穴の壁面は波で何度も削られたせいか、でこぼこだらけだった。中は夏でもひんやりとした空気が漂っていて、昼でも暗くて、誰もいないのに何か気配のようなものがあった。「あ〜」と声を出すとそれが弱々しく間延びしていくのがおもしろくて、誰もいない暗闇に向かって、何度も声を出した。

 そこが何のために作られた穴なのかは知らなかった。作られたものなのかどうかさえ、考えたこともなかった。あの頃は海のいたずらでできたものぐらいに思っていた気がする。とっておきの秘密の遊び場だった。

今では気軽に行けなくなった場所
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

鎌倉の家

甘糟 りり子
河出書房新社
2018-09-26

この連載について

初回を読む
鎌倉の家

甘糟りり子

高い天井には太い梁、客間には囲炉裏、 庭に咲き誇る四季の花々、そして家族の食卓——。築90年、風情ある日本家屋で育った甘糟りり子さんが、鎌倉の魅力を美しく鮮やかに描き出すエッセイ。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

elba_isola |甘糟りり子 @ririkong |鎌倉の家 雑誌の連載などでお見かけしたら読む、程度だったけど甘糟さんの記事ってとても心に入ってくる。こういう言葉を使える人を尊敬する。内容も楽しい。 https://t.co/gGQpL18yzb 2年弱前 replyretweetfavorite

ririkong 更新されています。 2年弱前 replyretweetfavorite