1億総転落 新・階級社会

#18 労働省“指導”にも動じず 若者を応援したかった(道下裕史/「フロム・エー」初代編集長)

私がフリーターという言葉を使い始めたのは、アルバイト情報誌「フロム・エー」の編集長になってから3年目、1985年のことです。作家やカメラマンを目指したいといった高い志を持つ若者を応援するメッセージを込めて、名付けました。

 私がフリーターという言葉を使い始めたのは、アルバイト情報誌「フロム・エー」の編集長になってから3年目、1985年のことです。作家やカメラマンを目指したいといった高い志を持つ若者を応援するメッセージを込めて、名付けました。既成概念を打ち破る自由人という意味で、フローターというのも候補に挙がっていましたが、響きが浮浪者みたいなのでやめました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
1億総転落 新・階級社会

週刊ダイヤモンド

格差や貧困の問題が放置されている間に、日本に新しい階級社会がやって来ていた! 身分が固定化し、誰もが今いる階級から滑り落ちる脅威にさらされている。「超人手不足」「就職氷河期」「日本人の横並び意識」──。本特集では、三つのキーワードの相...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません