トリトンなくしてヤマト、ガンダムなし ~宇宙戦艦ヤマト①~

2010年代に入ってから、ウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され、映像化、舞台化されている。逆算すれば分かるが、これらの大半は1970年代に始まった。 1960年に生まれ、アニメ、特撮ものを最初期からテレビで見ていた中川右介(作家、編集者)が「リアルタイムの記憶を基にして目撃譚」として描くサブカル勃興史。

「記憶をたどりながら書きますが、公にするからには、記憶にだけ頼り、間違ったことを書いてはいかないので、改めて調べ、事実確認をして書きます。歴史家的視点と、当時の少年視聴者・読者としての記憶とを融合させ、「読者・視聴者としてサブカル勃興期を体験した者が書く歴史」を提示したいと思います。(筆者)

それまで「テレビマンガ」と呼ばれていたアニメが、マスコミなどで「アニメ」と呼ばれるようになったのは、『宇宙戦艦ヤマト』からとされている。

『宇宙戦艦ヤマト』はテレビで放映されたものを再編集して劇場公開したところ大ヒットした、ファンクラブが観客動員に貢献した、主題歌がアニソンの代表曲となった、など、多くの点で「画期的」だったが、何よりも、既存の映画会社、テレビ局、アニメ制作会社とは関係のない、独立系プロデューサーである西崎義展の唯一にして最大のヒット作として歴史に残る。

 手塚治虫によって始まったテレビアニメの歴史は、西崎によって書き換えられるが、その西崎をアニメの世界へ招き、訣別したのが、他ならぬ手塚治虫だった。

●手塚、西崎、富野がそろった

「日本アニメ史における重要人物は誰か」という投票をすれば、必ずトップテンに入るであろう、手塚治虫、西崎義展、富野由悠季の三人が関わったテレビアニメがある。『海のトリトン』である。一九七二年四月一日から同年九月三〇日まで全二七回が、TBS・朝日放送系列で、土曜夜七時から放映された。

 後にも先にもこの三人がそろったのは『海のトリトン』のみで、原作・手塚治虫、プロデューサー・西崎義展、演出・富野喜幸(当時の表記)とクレジットされている。

 いまから見ればアニメ界の三巨頭だが、西崎にとってはこれがアニメのプロデュース第一作であり、一般には無名だった。富野も虫プロで『鉄腕アトム』をはじめ手塚作品を手がけ、フリーになってからも多くのテレビアニメに関わっているが、チーフ・ディレクターとしてはこれが初の仕事だった。この時点で、子供でも知っている名前は、原作者の手塚治虫だけだ。

 ところが、アニメ版『海のトリトン』に手塚自身は関わっていない。自作のマンガ『青いトリトン』のアニメ化を西崎に許可しただけだったとされている。このマンガはサンケイ新聞に一九六九年九月一日から七一年一二月三一日まで連載されていた。アニメになったのは連載終了から三か月後のことだ。

『海のトリトン』が放映された一九七二年は、手塚がアニメから離れていた時期にあたる。

 手塚治虫が一九六一年に創立した虫プロダクションは、『鉄腕アトム』(一九六三/六六)、『ジャングル大帝』(一九六五/六六)、『W3』(一九六五/六六)、『悟空の大冒険』(一九六七)、『リボンの騎士』(一九六七/六八)、『バンパイヤ』(一九六八/六九)、『どろろ』(一九六九)と、手塚のマンガを原作にしたアニメを制作してきた(虫プロ商事制作のものもある)。

 この後も、『0マン』『ガムガムパンチ』『ノーマン』などのパイロット版が作られたが、手塚作品の人気がなくなり視聴率が見込めないとの理由でテレビ局に企画が通らなくなっていたという。

 そこで虫プロは一九六八年から手塚治虫とは関係のない作品を制作していく。江戸川乱歩原作『わんぱく探偵団』(一九六八)、石森章太郎原作『佐武と市捕物控』(一九六八/六九)、トーベ・ヤンソン原作『ムーミン』(一九六九/七二)、高森朝雄・ちばてつや原作『あしたのジョー』(一九七〇/七一)などだ。

 手塚は虫プロが他のマンガ家の作品をアニメ化することに反対はしないし、そういう作品には、何も口を出さない。制作はスムーズにいった。手塚作品をアニメ化すると、原作者でもある手塚がすべてを仕切ろうとするので時間がかかり、赤字になってしまう。手塚は「赤字が出たら自分がマンガで稼いで埋めるから、自分の言う通りにやってくれ」と言う。実際、手塚個人が虫プロにかなりの金額を貸している。しかし、それは企業としては正しいあり方ではない。

 企業としての虫プロは、手塚作品を制作しないほうが儲かる構造になっていた。そうやって利益を出してから、芸術的作品を作ればいいではないかというのが、経営安定化路線派の主張だ。しかし手塚は、虫プロは作家集団だったはずだと、経営安定のためにテレビアニメを制作することに疑問を呈す。こうしてオーナーである手塚と、社員との間で路線対立が生じた。社員の多くが経営安定化路線を望んだので、手塚は七一年六月に、それまでの債務を引き受け、虫プロから離れた。

 しかし手塚以外のマンガ家の作品のアニメ化は、キャラクター商品のロイヤリティが虫プロには入ってこないというマイナス面があった。みな原作者であるマンガ家のほうへ行ってしまうのだ(現在は、制作会社や出版社にも入るようになっているケースが大半)。テレビ局から得る制作費では赤字でも、キャラクター商品のロイヤリティで利益を出すというビジネスモデルは、原作者の手塚個人と虫プロとが一体だったからこそ成り立つものだった。手塚が離れたことで、虫プロは別の意味で危機に向かっていく。

 手塚はすでに一九六八年にマンガ制作と著作権管理のための手塚プロダクションを設立していたので、今後はこの会社でアニメを作ろうと考えていた。

 一方、虫プロから著作権管理部門と出版部門が独立した虫プロ商事は、出版部門の責任者が一九七〇年三月に交通事故死する不運に見舞われたこともあり、迷走を始めていた。労働争議が起き、社長は責任をとって退任し、手塚が社長に就任する事態となった。しかし、手塚に経営手腕があるわけがない。

 西崎義展が手塚の周辺に現れるのは、そんな時期だった。

●西崎義展という男

西崎義展は二〇一〇年一一月七日に、小笠原諸島・父島へ遊泳のために出かけ、船上から海へ転落して亡くなった。この普通ではない死に方から、「殺されたのではないか」との噂が流れたが、それは彼がいつ殺されてもおかしくないような生き方をしてきたからだ。

 西崎の経歴については『「宇宙戦艦ヤマト」をつくった男 西崎義展の狂気』(牧村康正、山田哲久著)に詳しいので同書を参照して記すと—一九三四年(昭和九)に東京で生まれた。父は大企業の役員を歴任する人で、資産家でありエリートだった。西崎は一〇歳で敗戦を迎え、私立の名門である武蔵高校に入学した。東大を目指していたが、四年の浪人生活のすえ、日本大学藝術学部演劇科に入った。「浪人」といっても受験勉強をしていたのではなく、信州の建設現場で働いたり、劇団・文学座に入って俳優を目指したり、まさに浪人していたのだ。結局、大学にはあまり行かず中退して、ジャズ喫茶の司会業から始めてショービジネスの世界に入った。

 芸能界に入った西崎は、創価学会系の民音に食い込み、プロデューサーとして成功し、一九六三年にオフィス・アカデミーを設立した。しかし西崎の愛人問題や独断専行ぶりがひどいことで社内に不満がたまり、民音に対して西崎を中傷する投書が送られた。民音はスキャンダルを嫌うので、西崎は切られた。その後も興行の仕事をしていたが、一九六八年に会社の資金一〇〇〇万円を持ってヨーロッパへ行ってしまい、一年半ほど帰らなかった。夜逃げに近い。

 帰国しても、芸能界、興行界に西崎の居場所はない。西崎は新天地を求めた。東洋広報という広告代理店の知人に、何か仕事はないかと頼み、虫プロ商事を紹介してもらった。これが一九七〇年半ば過ぎのことだった。虫プロ商事は東洋広報と取引しているので断るわけにはいかず、入社させた。しかし社員として雇用されたのではなく、外部スタッフ、嘱託のようなかたちで、虫プロ商事の営業の代行をすることになったとも言われる。西崎の虫プロ商事での身分については諸説あり、はっきりしない。

 入社して数日後、西崎は虫プロ商事の発行する雑誌への広告を取ってきた。読者層とは関係のなさそうな化粧品の広告で、まさに営業力だけで取ってきたものだ。すぐに「結果」を出し、虫プロ商事に現金収入をもたらしたので、誰も西崎に逆らえなくなる。

 七一年になると、西崎は実質的に虫プロ商事を指揮するようになった(七一年二月に企画部長になった、あるいは社長代行となったという説もある)。西崎は売上拡大のために事業拡大を図るが、現場は笛吹けど踊らずで、西崎の熱意はからまわりした。それどころか、社員からの反感も買い、新左翼諸セクトが介入して労働争議に発展した。

 一方で、西崎は御大・手塚治虫に食い込み手塚個人のマネージャーの肩書も得ていた(これについても異説がある)。そして手塚の『ふしぎなメルモ』を大阪の朝日放送に売り込むと、テレビアニメ化に成功した。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

連載が1冊にまとまって発売(加筆あり)!『サブカル勃興史 すべては1970年代に始まった』(角川新書)!

角川新書

この連載について

初回を読む
すべては1970年代にはじまった

中川右介 /角川新書

2010年代に入ってから、ウルトラシリーズ、仮面ライダー、ヤマト、ガンダム、あるいは「ベルばら」「ポーの一族」などが次々と40、50周年を迎えている。それらはみな、単に昔のものとしてあるだけでなく、現役のコンテンツとして新作が発表され...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

NakagawaYusuke いよいよヤマト編。しかし、ヤマトの前に、トリトンを語らなければならない。 |すべては1970年代にはじまった https://t.co/QzEKK6Rh6m 5ヶ月前 replyretweetfavorite