近未来世界・怠け者・印刷職人

「新・山形月報!」、今回はSF小説から労働論まで幅広く論じられています。取り上げられた主な本は、R・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)、チャールズ・ストロス『アッチェレランド』(早川書房)ほか、コリイ・ドクトロウ『マジックキングダムで落ちぶれて』(ハヤカワ文庫)、エリック・ブリニョルフソン、アンドリュー・マカフィー『機械との競争』(日経BP社)、ポール・ラファルグ『怠ける権利』(平凡社ライブラリー)、トム・ルッツ『働かない』(青土社)、ニコラ・コンタ『18世紀印刷職人物語』(水声社)、川添愛『白と黒のとびら』(東京大学出版会)などなど……。そして、他にもスタニスワフ・レムから名探偵コナンまで!?

ご無沙汰です。さて、前回「もっと小説を増やします」と言ったんだが、なかなか容易なことではない。というのも、小説は全部読まなくてはいけないから。え、小説以外は全部読まないの、と思ったあなた。ある意味その通り。でも、それはいい加減に読むということではない。だが、ノンフィクションや自分の知っている分野の本だと、すでに知っている話というのはどうしても出てくるわけだ。そこは細かく読む必要はない。

経済についての本を読んでいると、たとえば「比較優位とは何か」とか「現在価値とは何か」といった話を説明している部分がある。ぼくはそういうところは飛ばせる。アベノミクスや黒田日銀の金融政策に関する本を読んでいると、背景となる理論的説明は細かく見るまでもない。リーマンショックの話なら、リーマンショックの時系列的な説明は不要だ。

あとは、そこからどんな話や知見が引き出されているか、それがどう応用されているかがわかればいい。そしてなんだか変なことを言っていたら、そのときはじめて自分の知っている内容がきちんと書かれているかを戻って読めばいいことになる。

小説は通常はそうはいかない。例外はある。完全にパターンの決まったロマンス小説などでは、そういう読み飛ばしもできる。マンガの『名探偵コナン』(小学館)を50巻ぶっ通しで読んだことがあるけど、もう後の方はいちいちきちんと読んでいない。「あ、こんな事件でこんなトリックね。で、黒服軍団は進展あった? ない。はい次!」という具合。が、それなりに密度のある小説やマンガではそうはいかない。

特に前回ちょっと最後に触れたR・A・ラファティ『第四の館』(国書刊行会)のようなものは、宗教哲学に近いものを、「神様」なんてものを出さずに描こうとしていて、そのためいろいろなシンボリズム—というとむずかしいけれど、要はほのめかし—に頼る。ラファティの短編は、通常はナンセンスギャグ小説みたいに思われているし、本当に笑えるくらいおもしろい。それが長編になるとどうしてこう小難しくなるのか。訳者・柳下毅一郎の解説には大感謝。昔、原書で読んだときには、ここに出てくる秘密組織のような存在がなぜこんなことをしているのか、さっぱりわからなかったんだが、柳下のおかげで実に明確になった。とはいえ、これを普通の人に薦められるかというと……無理だ。が、思わせぶりな小説が好きな方は挑戦してみてはいかが?

第四の館 (未来の文学)
第四の館 (未来の文学)

これに比べればずっと勧めやすいのは、この半月ほどで何冊か読んだのチャールズ・ストロス。今まで(家にはあったのに)なぜか読んでいなかったけれど、グレッグ・イーガンと並んで近未来世界をパワーをもって描き出せる人だと思う。いまのところ、『シンギュラリティ・スカイ』『アイアン・サンライズ』(ともにハヤカワ文庫)を終えて『アッチェレランド』(早川書房)を読んでいるが、分厚い中にSF的アイデアをひたすら詰め込み、スパイ冒険物語にロマンスも添え、非常に単純ながら現在の世界のイデオロギー抗争を宇宙規模に拡大して戦わせることで(軽佻浮薄とはいえ)社会性も持たせ、しかもお話としてそれなりに読めるものにしてあるのは立派。

ぼくがストロスを突然読もうと思ったのは、実は経済学者のポール・クルーグマンが新作をほめていたから。クルーグマンはSFファン出身で、宇宙貿易の理論を半分まじめに論文にして経済学の専門誌に発表してしまっているほど。そのかれが、ストロスの新作は宇宙ファイナンスの基礎理論を見事に確立しているというのでこれは楽しみ。むろん新作はまだゲラ段階だというんだけれど、その少し前に書かれた『アッチェレランド』は、いまの経済学とはちがう原理に基づく社会の話で、まだ読んでいる途中だけれど非常に刺戟的。同じようなテーマとしてはコリイ・ドクトロウ『マジックキングダムで落ちぶれて』(ハヤカワ文庫)があるけれど、ストロスのほうが(もちろん)いいなあ。少なくとも考えは深い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ffi 山形浩生さんが『名探偵コナン』シリーズを大量に読んだ話を書いてたの思い出した。「後の方はいちいちきちんと読んでいない。「あ、こんな事件でこんなトリックね。で、黒服軍団は進展あった? ない。はい次!」という具合。」 https://t.co/0aytxCgKo6 5年以上前 replyretweetfavorite

agyrtria しかし、山形さんの目利きフォーカスは凄いね⇒ニコラ・コンタ『18世紀印刷職人物語』(水声社)(18世紀フランスの植字工が見習いの徒弟制で印刷所に入って、仕事をおぼえ、一人前になるまでにステップを描いた本)とか、今の文脈で読んで評価 https://t.co/U8Sef3TqV9 5年以上前 replyretweetfavorite

agyrtria cakesは、ほとんどコレのためだけに読んでるんだがw、今回も「クルーグマンはSFファン出身で、宇宙貿易の理論を半分まじめに論文にして経済学の専門誌に発表してしまっている」、とか面白い!第17回  5年以上前 replyretweetfavorite