1億総転落 新・階級社会

#16 増える“名ばかり正社員” 生活苦の高齢者の犯罪(藤田孝典/NPO法人「ほっとプラス」)

われわれのNPOでは年間約1000件の生活相談を受けていますが、最近は中身に変化が起きています。以前ならば、相談に訪れる若者は、その日暮らしの日雇い労働者といった非正規雇用者が中心で、「本人に計画性がない」と批判されてしまえば否定しづらい人も多かった。ところが最近は、正社員が相談に来るのです。

 われわれのNPOでは年間約1000件の生活相談を受けていますが、最近は中身に変化が起きています。以前ならば、相談に訪れる若者は、その日暮らしの日雇い労働者といった非正規雇用者が中心で、「本人に計画性がない」と批判されてしまえば否定しづらい人も多かった。ところが最近は、正社員が相談に来るのです。一生懸命働いた結果、長時間労働でうつ病を発症し、働けなくなってしまって貧困に陥るケースも目立ちます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
1億総転落 新・階級社会

週刊ダイヤモンド

格差や貧困の問題が放置されている間に、日本に新しい階級社会がやって来ていた! 身分が固定化し、誰もが今いる階級から滑り落ちる脅威にさらされている。「超人手不足」「就職氷河期」「日本人の横並び意識」──。本特集では、三つのキーワードの相...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません