現代の結婚制度は害悪でしかない

家制度に根付いた結婚制度は、現代において害悪でしかない。出生率を押し下げて、個人の幸せを奪う結婚制度を廃止し、新たな世界を実現した未来の状況を若い男が伝える。

「結婚制度のなくなった未来」のことをおとぎ話と前置いて語り始めた若い男の話は続いていた。

なんだか言葉には出さない強い決意を隠し持っているらしい若い男は、池崎と高畑に対して最初からある不満を持っていた。彼はそれを端的に一言で伝えた。

「わかってもらおうとは思わない。でも僕がする話を信じて欲しい」

池崎はその言葉を聞いて、より単純な言葉を返した。

「君がさっきからしている話は、結婚がいかに必要のないものか、むしろ逆に出生率を押し下げて、社会制度の維持という観点において、害悪ですらある、という憶測だ。君がこれから選挙に出ることに関しては一向にかまわないが、今日ここに僕らが呼ばれた理由がまったくわからないよ」

「その理由についてはゆっくり説明します」

高畑も池崎に続いて若者に語り掛ける。高畑は池崎とちがって、この不思議な状況を楽しもうとしている節があった。この若者が熱をもって話をしている内容の辻褄が合わないところをまだ探していた。

「まぁ池崎くん、外は雨で、この廃屋には僕ら3人しかいない。彼が僕らを呼んだ理由もいずれ明らかになるだろう。もう少し、この若者の話に付き合ってあげてもいいんじゃないかな。少し興味もあるし。……ところで、結婚制度がなくなったら、死んだ時どうするんだい? 結婚しないで生まれた子どもはどこの墓に入るんだ?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kosodate_blog 22311:家制度に根付いた結婚制度は、現代において害悪でしかない。出生率を押し下げて、個人の幸せを奪う結婚制度を廃止し、新たな世界を実現した未来の状況を若い男が伝える。 「結婚制度のなくなった未来」のことをおとぎ話と前… https://t.co/WTRzb2hTG7 12ヶ月前 replyretweetfavorite

ElSariri5639 タイトルは過激やけど、内容はなかなか興味深い #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite

Nrva8iwlgctd #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite

rumi35 育役って面白い。今考えられない世の中を小説の中で擬似体験できるから小説って好き。 所詮小説、されど小説。 12ヶ月前 replyretweetfavorite