読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

第16回 ミステリ新人賞、その執筆および投稿と選考に関する一考察(2)

デビュー前は特に、自分の文章に愛着があるし、せっかく書いたのだからと削るのを躊躇しがちだが、その愛着を断ち切って、自分の文章を客観的に見て、「ここは無駄だ」と削っていけるようになることが、推敲の第一歩だ。
電子書籍文芸誌「yom yom」に掲載中の人気連載を出張公開。

◆必ず、第三者の眼を入れる
 自分の書きたいことを思う存分書けとは言ったものの、好き勝手に書くのとは違う。自分のためだけに書くならともかく、一人でも読者を想定するなら、きちんと読み手に伝わるように書かねばならない。
 主義主張があって書いているならなおのこと。誰にも伝わらない主張は虚しいだけだ。そして、新人賞投稿者からよく聞く話の一つに、「(原稿を)誰にも読ませていない」というのがある。友達でも家族でも、自分以外の第三者に読んでもらうことは非常に大事だ。
 辛辣なことを言われたり、当たり障りのないことしか言ってもらえなかったり、全然分かってもらえなかったりして、憤慨することもあるだろうが、それは裏を返せば、きちんと伝わるように書けなかった自分の力量不足でもある。
 そこを真摯に受け止められなければ進歩はないし、一人の読者すら楽しませられないのであれば、不特定多数の読者に訴えかけることなどできはしない。
 もちろん、譲れないところはあるだろうし、あって然るべきなので、意見を全部聞き入れればいいというものでもないが、読者代表の意見として、最低でも聞く耳だけは持たねばならない。
 他人に読んでもらって初めて、「あ、そんなことも伝わっていなかったのか」とか、「全然違った意味で読まれてたんだな」ということが分かるのだ。
 著者は作品世界の神であるから、書かれていないことも含めて全貌を把握している。すべて分かって当然だが、初見の読者はそうはいかない。誰かに読んでもらって修正する、というのを繰り返して作品はブラッシュアップされていくものだし、その過程で、段々と自分でも「これじゃあ、伝わらないだろうな」とか、「誤解を招きそうだから、丁寧に書いておくか」などの判断ができるようになってくる。
 デビュー以降は、編集者がその第一読者の役割を担うわけだが、デビュー前は周辺の人に頼む他ない。
 周りに本好きがいないから、というのなら、なおのことそういった人に読んでもらうのがいい。本好きは、いい意味でも悪い意味でも、一般読者の代表にはなれないものだ。
 そして、これがまた難しいところなのだが、みんなに分かってもらえるように書こうとすると、どうしても

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2018年8月号は待望の畠中恵さん「しゃばけ」外伝、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが対談に登場、俳優・加藤良輔さんインタビューなど。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.51(2018年8月号)[雑誌]

さやわか,畠中恵,加藤良輔,ふみふみこ,浅野いにお,鈴木敏夫,米田建三,青柳碧人,町田そのこ,堀内公太郎,最果タヒ,垣谷美雨,門井慶喜,中山七里,宮木あや子,武田綾乃,吉野万理子,東川篤哉,鴻巣友季子,新納翔,円城塔,カレー沢薫,乗田綾子,原田まりる,大矢博子,新井久幸
新潮社
2018-07-20

この連載について

初回を読む
読みたい人、書きたい人のミステリ超入門

新潮社yom yom編集部 /新井久幸

ミステリ作家志望者、必読! 「新潮ミステリー倶楽部賞」「ホラーサスペンス大賞」「新潮ミステリー大賞」など、新潮社で数々の新人賞の選考に携わってきたベテラン編集長が考えるミステリの読み方・書き方の<お約束>とは――。電子書籍文芸誌「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

editor_of_SS 最新回、アップされています 10ヶ月前 replyretweetfavorite

yomyomclub 更新遅れまして申し訳ありません。→ 11ヶ月前 replyretweetfavorite