対談 枝野幸男・中島岳志 右左を超えた経済政策/原発とリアリズム

枝野演説が明示した「保守」の論理は、正統な保守思想に連なっています。そして、安倍政権がいかに「保守」でないかを浮き彫りにしています。憲法は国家権力が過去に行ってきた失敗や過ちを繰り返さないための、禁止のルールです。先人たちの経験知を重んじる立憲主義こそ保守の中心概念であるという信念を、私は枝野さんと共有してきました。(中島岳志)――中島岳志『保守と立憲』の一部を緊急配信。枝野幸男との対談の第2回。

中島岳志(東京工業大学リベラルアーツ研究教育院教授)、枝野幸男(立憲民主党代表)

右左を超えた経済政策

中島 立憲民主党のもうひとつの柱である「リスクの分散」について、枝野さんは「困ったときに寄り添い」という日本の庶民感覚にも寄り添った言葉で表現していますよね。さらに、アベノミクスに対して、再配分こそが経済政策であると位置づけました。本来、再分配は自民党の保守本流が取り組む政策でしたよね。

枝野 僕は1964年生まれ53歳なので大平(正芳)さんの時代を知っていますが、あの時代に社会党が政権を取れなかったのは、彼らが提案していた分配政策を自民党の大平さんや田中角栄さんのような保守がやっていたからです。

中島 だからこそ、枝野さんは自分を“保守”と名乗っている。

枝野 僕自身も、日本新党と新党さきがけに所属していたので、自分のベースが保守だという感覚があります。日本新党を設立した細川護熙さんは自民党出身ですし、新党さきがけも自民党の中のリベラルな議員が結党したものです。

中島 枝野さんの議員生活は、1993年、細川内閣の時にスタートしています。最初は与党ですが、旧民主党設立以降、しばらく野党生活になります。その辺りから自民党には橋本(龍太郎)内閣の行政改革などに新自由主義的な要素が入ってきます。自民党が変容していくプロセスを、野党という立場から見て来られたと思うのですが、この20年間の自民党の政策の変化をどう見ていますか。

枝野 橋本行革の時は、私も、私の周辺の人も立ち位置がはっきりしなかったと思っています。「税金の無駄に切り込まなければならない」論は、むしろ自分たちが主導したという意識もありました。官僚などと結びついている既得権益を壊すことが大義でした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

大反響、発売即重版!「枝野演説」の真髄!混迷する現代の必読書

この連載について

初回を読む
保守と立憲 世界によって私が変えられないために

中島岳志

2018年7月20日、第196回国会の実質的な最終日、立憲民主党・枝野幸男代表によって行われた内閣不信任案趣旨説明演説は、その内容、格調の高さから憲政史に残る名演説と、大きな話題と共感を呼んだ。枝野演説の真髄といえる保守とは、立憲主義...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

amida28 対談 枝野幸男・中島岳志 原発推進派がイデオロギー的で、反原発の方がリアリズム、、 https://t.co/kbOjgdDeps 約2年前 replyretweetfavorite

ecorsal #スマートニュース 約2年前 replyretweetfavorite